概要

宣伝する理由

Search Adsとは

Search Adsにより、iPhoneとiPadのApp Storeで、ユーザーはアプリケーションを効率的かつ簡単に見つけることができます。

App Store検索で最上位に位置することにより、アプリケーションを効果的にアピールできます。Search Adsは、強い関心を持った、質の高いユーザーを、最も低コストで獲得できるモバイル広告プラットフォームです。

Search Ads Advancedとは

Search Ads Advancedは、キャンペーンや広告のオーディエンスを、豊富かつ高度なマーケティングツールで管理したいデベロッパ様や広告代理店様に最適なプランです。予算に上限はありません。

  • 広告のキーワードとオーディエンスを選択。
  • 入札額と予算を独自に設定。
  • お支払いは広告がタップされた分だけ。
  • 詳しいレポートであらゆる重要指標を分析。
  • APIで大規模な効果測定や管理が可能。

Search Ads Advancedを利用できるお客様

対応のストアフロントのApp StoreでiPhoneまたはiPad向けアプリケーションを現在公開しているデベロッパ様、またはデベロッパ様に代わりキャンペーンを管理する広告代理店様は、Search Ads Advancedの利用資格を得られる可能性があります。登録には、有効なEメールを使用するApple IDが必要です。電話番号のみを使用しているApple IDは承認されません。いくつかの例外が適用されます。また、すべての広告主様は、Search Ads広告コンテンツポリシーを常に遵守する必要があります。

Search Adsに登録するには、広告主様の会社が特定の国または地域に所在している必要があります。国と地域のリストを確認してください。

Search Ads BasicとSearch Ads Advancedの違い

Search Adsには、Search Ads BasicとSearch Ads Advancedという2つのソリューションがあります。有料アプリケーションのマーケティングに関する知識、リソース、予算、経験のレベルを考慮し、適切なバージョンをお選びください。

Search Ads Basic

  • 利用方法:キーワードやオーディエンスの特定項目は設定不要。インテリジェントな自動化により、広告が関心のあるユーザーに表示され、最大限の成果が引き出されます。
  • 支払い:独自に設定した費用で、インストールの分だけお支払い。
  • 管理:継続的な管理の手間と時間は最小限。1か月に数回、パフォーマンスダッシュボードを確認してください。Search Adsの推奨を基にCPIを調整してください。
  • レポート:見やすいダッシュボードで広告のパフォーマンスを確認。
  • API:キーワードデータなしのSearch Ads Attribution API。
  • 毎月の最大予算:10,000米ドル。
  • アプリケーションのプロモーション:最大50個のアプリケーションをプロモーション。

Search Ads Advanced

  • 利用方法:広告のキーワードとオーディエンスを選択し、顧客の価値やその他のKPIに基づき広告が1回タップされた場合に支払う最大額を設定します。キャンペーンレベルでのコントロール。
  • 支払い:ユーザーが広告をタップした場合にのみ、設定した最大価格以内でお支払い。
  • 管理:強力なマーケティングツールでキャンペーンをコントロール。検索マッチで手間を省くことも、キーワードやオーディエンスタイプで管理してROIベンチマーク目標を目指すこともできます。
  • レポート:詳しいレポートであらゆる重要指標を確認。
  • API:APIで大規模な効果測定や管理が可能。
  • 毎月の最大予算:無制限。
  • アプリケーションのプロモーション:アプリケーション数の制限なし。

Search Ads BasicとSearch Ads Advancedの両方を利用できますか?

はい。ただしSearch Ads BasicとSearch Ads Advancedの両方を使って同じアプリケーションをプロモーションする場合、Search Ads Advancedのキャンペーンに対する最適化の内容はSearch Ads Basicには反映されない点にご注意ください。

Search Ads AdvancedとSearch Ads Basicの両方を同時に実施しても、オークションで有利になることはありません。これは、同じアプリケーションのオークションで有効になる広告は1つだけなので、Search Ads AdvancedとSearch Ads Basicの間でインプレッションが単に移動することになるためです。

Search Ads Basicに切り替える方法

アカウントの左上にあるオプションを使って切り替えることができます。アプリケーションのプロモーションにかけられる時間が限られており、Search Ads Advancedのすべての機能が必要であるわけではなく、アプリケーション1件につき毎月の予算が10,000米ドル未満の場合には、Search Ads Basicを利用することをお勧めします。

価格

価格設定の仕組み

Search Ads Advancedの価格はタップ単価(CPT)モデルを採用しているため、ユーザーが広告をタップした場合にのみお支払いが発生します。タップ1回の実際のコストはセカンドプライスオークションで決定されます。セカンドプライスオークションとは、一番近い入札者が広告に設定した支払い可能額に基づき、広告主様が設定した最大CPT入札額を上限としてCPTを計算する方法です。これにより、必要以上に費用がかかることを心配せずに、積極的な価格を設定していただくことができます。

新規のキャンペーンや広告グループを作成すると、Search Adsが推奨する最大CPT入札額が提示されます。広告主様はこの情報をもとに、入札額についてより確実な判断を下すことができます。推奨入札額は、App Storeに広告が表示される可能性を高めるための指標として提供されるものであり、お客様のアプリケーションに関する情報と、他の広告主が類似アプリケーションに設定している支払い可能金額に基づいています。1つの参考情報としてご利用ください。

広告の詳細

広告の作成方法

Search Adsは、App Storeの掲載ページに広告主様が提供したメタデータ、ビデオ、画像を使用して広告を作成します。App Storeのメタデータを変更した場合、アカウントの広告プレビューに変更内容が反映されるまでに最大24時間、App Storeの広告に変更内容が反映されるまでに最大2時間かかります。

ヒント:
広告の外観はメタデータによって決定されるため、App Store Connectでアプリケーションのメタデータを十分に検討した上でキャンペーンを開始してください。Search Adsは広告クリエイティブのカスタマイズに対応していません。広告の見た目を変更したり、独自の広告デザインをアップロードしたりすることはできません。

App Storeのメタデータに関するベストプラクティスは、ここで確認できます

広告の表示方法

App Storeで検索すると、検索結果の最上位にスポンサー広告が1つ表示される場合があります。

すべての広告にはブルーの背景が適用され、広告表記アイコンが追加されます。広告は、ユーザーのデバイスと、検索クエリおよびユーザーに対する最も高い効果を判断した上で、複数ある形式のいずれかで表示されます。

キャンペーンの設定により広告がどのように見えるか、例を確認するには、「Creative Set」セクションに移動します。プレビューに表示されるアプリケーションの評価は実際のものではありませんが、実際の広告にはリアルタイムの評価に加え、選択したストアフロントに応じた価格と通貨が表示されます。

同じクエリに対する他の入札を抑えて、広告が表示されるかどうかは、検索クエリに対するアプリケーションの関連性と入札額の組み合わせによって決定されます。

どのような場合にアプリケーションが表示されないかを理解しておくことも重要です。たとえば、ユーザーの検索対象とアプリケーションに関連性がなく、検索結果が広告枠として不適切な場合、お支払い可能な金額にかかわらず広告は表示されません。Search Adsでは関連性と入札額の両方を考慮し、それらがマッチしていないと判断した場合はアプリケーションをオークションにかけません。

検索マッチ

検索マッチは、わずか数分で簡単に広告を作成、実行できるデフォルトの機能です。検索マッチを有効にすると、すべてのキーワードの有効性を検証したり、それらに基づいて実際に入札したりすることなくに合わせて広告を自動的に表示させることができます。

検索マッチでは、App Storeの掲載ページのメタデータ、同じジャンルの類似アプリケーションの情報、その他の検索データなど、複数のリソースを活用して、App Storeで行われた関連性の高い検索と広告を一致させます。

キャンペーンの作成

Search Ads Advancedでは、キャンペーンを必要な数だけ作成できます。キャンペーンを構成する広告グループとキーワードは、キャンペーンの目標に応じて広告主様が選択できます。キャンペーン、広告グループ、キーワードは、キャンペーン管理中にいつでも一時停止および再有効化できます。不要あるいは古くなったキャンペーンや広告グループを、アカウントから削除することもできます。ただし、一度削除されたキャンペーンや広告グループは復元または変更できず、それらのキャンペーンや広告グループの広告はすべて出稿が停止される点にご注意ください。

キャンペーン開始の準備

  • App Store Connectアカウントに関連付けられたApple IDを用意する。
  • アプリケーションをApp Storeに公開する。
  • アプリケーションをプロモーションする国のストアフロントを選択する。
  • 支出可能な予算を把握する。
  • Search Adsアカウントに登録する。
  • 有効なクレジットカードを追加する。

広告代理店様の場合はこちらからお問い合わせください

ヒント:
既存のアプリケーションをすでにダウンロードしているユーザーにクロスプロモーションを行う場合や、こうしたユーザーをオーディエンス顧客タイプとして追加する場合は、Search Adsへの登録時に、App Store Connectアカウントに関連付けられたApple IDを使用してください。

ある国のストアフロントで高いパフォーマンスを上げているキャンペーンは、別のストアフロントでも成果を上げられる可能性が高くなります。広告グループ、キーワード、その他の設定をキャンペーン間でコピーする場合、Search Adsの複製機能を使うことで時間を節約できます。

広告グループの概要

広告グループとは、App Storeの検索結果でプロモーションするアプリケーションに関連するキーワードとターゲット属性をグループ化したものです。各広告グループに、個別にターゲティング基準と入札額を設定できます。

ヒント:
広告グループの効率性と有効性を最大限に高めるには、ユーザーがどのように検索するかを考える必要があります。各広告グループは、ユーザーがアプリケーションをどのように検索するか予想しながら、アプリケーションと関連性のある、共通する1つのテーマや戦略に基づいてまとめる必要があります。

キーワードを選択する方法

キーワードとは、広告主様のアプリケーションと同類のものが検索される際に、ユーザーが使いそうな単語や語句のことです。App Storeのユーザーが入力する検索クエリに、設定したキーワードのいずれか1つが含まれていると、広告が表示される可能性が生まれます。

Search Adsは、広告主様のアプリケーションと該当するジャンルに関する情報を数多く収集し、推奨キーワードのリストを提供します。推奨キーワードを利用することで時間を節約できます。また、独自のキーワードを追加することもできます。独自に追加する場合も、入力されたキーワードに関連する一連のキーワードがSearch Adsによって提案されます。提案されたキーワードを利用するかどうかは、自由に決めることができます。「キャンペーン」ダッシュボードの「キーワード」タブのスプレッドシートを使えば、キーワードを一括アップロードすることも可能です。キーワードのテンプレートはここでダウンロードできます

独自のキーワードを選択する場合のヒントを紹介します。

顧客の立場で考える。
同種のアプリケーションを検索するユーザーが使いそうな検索語句を考えます。そのアプリケーションが満たすニーズや提供するサービスを説明する言葉を探してください。

たとえば、他のアプリケーションが提供していない独自のフィルタを搭載した新しいカメラアプリケーションを宣伝するとします。最初に考案するキーワードは、アプリケーションの名前のような基本情報になりますが、次の段階ではアプリケーションが提供する機能を検討します。たとえば「color editor」、「picture editor」、「photo editor」などの用語がダウンロード数の増加につながります。

一般的なキーワードと具体的なキーワードの両方を試す。
アプリケーションの機能を表す一般的なキーワードも試してください。そうしないと、一般的なキーワードが検索されても広告がオークションに参加できるチャンスが少なくなります。一般的なキーワードはより多くのオーディエンスにアピールできる一方で、競争相手が増え、入札額の引き上げが必要になる可能性があります。

具体的なキーワードを選択すると、アプリケーションとピンポイントで関連する検索クエリに対して広告を表示できるようになります。具体的な検索語句には、広告タップからのコンバージョン率を高める効果が期待されます。ただしキーワードの具体性が高すぎると、広告を表示する顧客数が目標に到達しない可能性があります。

独自のフィルタを搭載した前述のカメラアプリケーションを例に、実際のキーワードを検討してみましょう。

一般的なキーワード
検索に対するアプリケーションの関連性を高めるため、「camera app」の使用をお勧めします。

具体的なキーワード
アプリケーションの機能を説明しつつオーディエンスを絞り込むことができる「photo editor」などのキーワードが考えられます。

一致タイプの使用

Search Adsのキーワード設定である一致タイプを使うと、ユーザーの検索とキーワードを一致させる方法を指定することができます。次の2つの一致タイプがあります。

部分一致
Search Adsのデフォルトの一致タイプです。部分一致では、広告出稿の対象に、単数形、複数形、スペルミス、同義語、対象の語句を(一部または全部)含む関連検索や関連フレーズなど、キーワードの類似パターンが含められます。

アプリケーションと関連性がある場合、外国語の単語も検索と一致する場合があることにご注意ください。たとえば「amigo(友人)」という単語は、検索語句「friend(友人)」と部分一致します。

完全一致
広告の表示対象となる検索を最大限に細かくコントロールする場合は、完全一致を使用します。完全一致では、特定の語句およびその類似パターン(一般的なスペルミスや複数形など)をターゲットにすることができます。完全一致の場合、広告のインプレッションは少なくなる可能性がありますが、アプリケーションの機能に最大の関心を持つ顧客に広告を表示できるため、それらのインプレッションにおけるタップ率(TTR)とコンバージョンは向上すると考えられます。

一致タイプの一時停止や別の一致タイプの追加はいつでも行うことができますが、キャンペーンに保存した一致タイプを後で変更することはできません。

ヒント:両方の一致タイプを使用してみてください。
部分一致と完全一致の両方を使ったキャンペーンを実施し、一致範囲を広げ、成果を高めることをお勧めします。部分一致を使用することで、関連する検索語句の対象が拡大し、キーワードが一致する範囲を広げることができます。部分一致による語句設定は通常、キーワードの調査や、より少ないキーワードで一致範囲を広げるために使用されます。完全一致を使用すると、完全に一致する検索語句が広告の表示対象となります。この場合、一致範囲は狭くなりますが、より明確な意図を持ったユーザーが対象になるため、適正な価格のキーワードでインプレッションを最大化できます。キーワードと一致タイプについて詳しくは、こちらを参照してください。

最大タップ単価(最大CPT)入札額を設定する方法

最大CPT入札額とは、広告に対する1回のタップにお支払い可能な最大額のことです。

デフォルトの最大CPT入札額は、最大CPT入札額をキーワード単位で指定しない限り、すべてのキーワードに適用されます。

最大CPT入札額は、次のような手順で計算することができます。

決定
新しい顧客やアクションに対して支払う金額を決定します。ここでは2.50米ドルとします。

予想
広告をタップし、アプリケーションのダウンロードや希望のアクションを実行すると思われるユーザーの割合を予想します。ここでは40%と予想します。

計算
これらを計算すると、2.50米ドルの最大40%(つまり1.00米ドル)をタップ1回に支払うことが可能ということになります。このため、デフォルトの最大CPT入札額は、まず1.00米ドルに設定します。

広告主様が入札額を適切に判断できるよう、Search Adsは、新規のキャンペーンまたは広告グループの作成時に、推奨する最大CPT入札額を提示します。推奨入札額は、App Storeに広告が表示される可能性を高めるための指標として提供されるものであり、お客様のアプリケーション情報と、他の広告主が類似アプリケーションに設定している支払い可能金額に基づくものです。1つの参考情報としてご利用ください。

これは、広告が1回タップされた場合に支払う最大額であることにご注意ください。実際にお支払いいただく金額は、一番近い入札者が設定した、広告に対するタップ1回の支払い可能額に基づいて決定されます。さらに詳しく

顧客獲得単価(CPA)目標

顧客獲得単価(CPA)目標はオプションです。Search Adsでは、アプリケーションのダウンロード数を増やす指針としてこのCPA目標を使用しているため、設定することをお勧めします(注意:具体的な数値は保証されません)。

ヒント:

  • CPA目標は、期間を決めてキャンペーンを実施し、その成果に基づいて設定することをお勧めします。
  • コンバージョン1件に対する支払い可能な金額は、現実的な判断のもと設定してください。

時間帯の設定

時間帯は、Search Adsアカウントの作成時に選択できます。すべての広告グループやレポート指標の開始時間と終了時間は、この選択に基づいて定義されます。

重要:一度アカウントに設定した時間帯は変更できません。また請求については、選択した時間帯ではなくUTCに基づいて行われます。

キャンペーンに関する問題

「キャンペーンを作成」ページにアプリケーションが表示されない

キャンペーンを作成する際、入力しても検索してもアプリケーションが選択肢として表示されない場合、次のような理由が考えられます。

Apple IDがApp Store Connectアカウントに関連付けられていない
アカウントをSearch Adsにリンクさせるには、App Store Connectアカウントの管理者、Legal、Marketingのいずれかの役割が割り当てられている必要があります。

広告代理店様の場合はこちらからお問い合わせください

App Storeに初めてアプリケーションを公開した
キャンペーンの作成時は、アプリケーションが表示されるまでに最大24時間かかります。

アプリケーションをSearch Adsでプロモーションできない
アプリケーションがSearch Ads広告コンテンツポリシーに違反している可能性があります。また、App Storeガイドラインを遵守していない可能性もあります。これらのポリシーを確認した上で、ご不明な点はこちらからお問い合わせください

アプリケーションの名前に特殊文字が含まれている
アクセント記号付き文字や他の固有な文字がアプリケーションに含まれている場合、全体に一貫してその文字を使用することで、「キャンペーンの作成」フローにアプリケーションの名前が表示されるようになります。ある文字の別バージョンを入力するには、そのキーを押し続けて別の候補を表示します。次に、使用する候補をクリックするか、候補の下に表示される番号を入力します。さらに詳しく

ポリシー違反によりSearch Adsのキャンペーンが一時停止されていると通告された

アプリケーションがSearch Ads広告コンテンツポリシーに違反している可能性があります。また、App Storeガイドラインを遵守していない可能性もあります。これらのポリシーを確認した上で、ご不明な点はこちらからお問い合わせください

Search Adsが表示するアプリケーションの価格に誤りがある

App Storeのアプリケーションの価格を変更した場合、変更内容がSearch Adsに反映されるまでに最大2時間かかります。

アプリケーションバンドルを宣伝しようとしている

現在Search Adsはアプリケーションバンドルに対応していません。

ブラウザからSearch Adsにアクセスできない

サポートされるオペレーティングシステム
Mac OS High Sierra 10.13.2以降
Windows 10以降

サポートされるブラウザ
Safari 11.0.2以降
Chrome 62以降

広告に対するインプレッションが発生していない

広告でインプレッションが発生するかどうかは、競合他社との関連性や入札額の違い、同種のアプリケーションがApp Storeでユーザーに検索される回数など、さまざまな要因が影響します。

インプレッション数は保証されませんが、次のような手段を講じることで改善できる可能性があります。

  • 最大タップ単価(最大CPT)入札額を引き上げる。デベロッパ様の多くが、成果を確認しながら入札額を引き上げています。推奨入札範囲と入札効力のインジケーターを目安とすることができます。
  • 検索マッチを有効にして、検索語句を自動的に一致させる。
  • 検索マッチの結果を分析し、パフォーマンスが高い検索語句を特定し、それらを入札キーワードとして追加し、より高い最大CPT入札額を設定します。
  • オーディエンス特定項目を無効化または限定して、広告の表示範囲を広げる。
  • CPAを確認する。設定したCPA目標が低すぎる場合や最大CPT入札額を下回っている場合、価値をもたらすインプレッションやコンバージョンを取りこぼしている可能性があります。

アカウントが保留されている

次のいずれかの条件に該当する場合、キャンペーンまたはアカウントは「保留中」のステータスになります。

  • キャンペーンの終了日を過ぎた。
  • キャンペーンの予算または毎日の支出上限に達した。
  • 有効な支払い方法が主要連絡先に割り当てられていない。
  • クレジットカードが拒否された。
  • クレジットカードのチャージバックが発生した。
  • Search Ads広告コンテンツポリシーまたはSearch Adsサービス規約に対する、違反が発生した。

32ビットアプリケーションの宣伝をお考えの場合

アプリケーションを64ビット対応にアップデートしてください。32ビットアプリケーションのSearch Adsは、iOS 11を搭載したデバイスのユーザーには表示されません。アプリケーションの提出についての詳細をご確認ください

フランスのApp Storeでキャンペーンを実施できない

メディアバイイング事業の透明性を高めることを目的としたフランスの法律である「サパン法」に従い、アプリケーションとSearch Adsアカウントの両方を所有する広告主様のみが、フランスのApp Storeでアプリケーションのプロモーションを行うことができます。そのため、フランスで登記または設立された企業や、その他のフランスに所在するクライアント企業に代わってSearch Adsを管理する広告代理店、代理人、または代表者は、フランスのApp Storeでは広告主様の代わりに広告を表示させることができません。

フランスのApp Storeでキャンペーンに「未完了」と表示される

ユーザーまたはアカウント管理者が、これまでに「アカウント情報」の「代理店」として身元確認を行っている場合、次の質問に回答する必要もあります。あなたはフランス企業に代わって、もしくはその企業の利益のためにアプリケーションのプロモーションを行っていますか?この質問に答えるには「キャンペーン設定を編集」をクリックします。

ユーザーまたはアカウント管理者が、これまで「アカウント情報」の「代理店」または「代理店ではない」として身元確認を行ったことがない場合、フランス企業に代わってアプリケーションのプロモーションを行っているかどうか尋ねる質問に回答する必要があります。この質問に対してすでに「はい」と回答している場合、別のアカウント管理者がこの質問に答える必要があります。アカウント内で管理者の役割を持つすべてのユーザーがこの質問に回答すると、キャンペーンのステータスが更新されます。