決済

サポートされる通貨

Search Adsアカウントの通貨をオーストラリアドル、英ポンド、カナダドル、ユーロ、日本円、メキシコペソ、ニュージーランドドル、米ドルに設定できます。すべての入札と請求は、選択された通貨で処理されます。

注意:アカウントごとに選択できる通貨は1つだけです。また設定後に変更することはできません。

お支払い方法

クレジットカードの追加

キャンペーンは、有効な支払い方法がアカウントに追加されるまで実施されません。クレジットカードは、キャンペーン設定プロセスの「請求」ページで追加できます。

何らかの理由でクレジットカードへの請求が拒否された場合、キャンペーンを一時停止し、拒否から48時間以内に同じクレジットカードへの請求を再度試みます。代わりのクレジットカードをアカウントに追加すると、クレジットカード情報が更新されてから24時間以内に代替クレジットカードへの請求が行われます。この決済が承認されると、広告主様の広告がApp Storeの検索結果に再び表示されるようになります。

複数の国でApp Storeに広告を表示する予定の場合は、ご利用のクレジットカード会社にその旨を通知し、外国取引の処理に問題が発生しないかご確認ください。広告の実施地域に応じて、請求の概要には5つのApple法人からの最大5つの異なる請求が表示される場合があります。

有効なクレジットカードとデビットカード

Search Adsでは、Visa、MasterCard、American Express、およびDiscoverに対応しています。Discoverでのお支払いは米ドルのみ受け付けているため、アカウントの請求通貨を米ドルに設定する必要があります。

PINなしまたはPINがオプションのVISAデビットカードおよびMastercardデビットカードをお使いいただくこともできます。現時点では、Maestro、Visa Plus、Visa Electronの各カードには未対応です。デビットカードの毎日の支出上限は、キャンペーン費用の請求額を上回っている必要があります。

オーストリア、チリ、キューバ、ガーナ、ハンガリー、イラン、モーリシャス、北朝鮮、フィリピン、シンガポールの各国で発行されたカードは、有効な支払い方法ではありません。

プリペイドカード、ギフトカード、ATMカード、デジタルウォレット(PayPalやVenmoなど)も支払い方法として無効です。

Search Adsはクレジットカードの決済手数料を請求しませんが、クレジットカード会社が外国取引手数料を請求する場合があります。外国取引手数料が適用されるケースに関する質問は、クレジットカード会社にお問い合わせください。請求された外国取引手数料に対しSearch Adsが返金やクレジット発行を行うことはありません。

クレジットカードの変更

支払い方法を更新するには、新しいカードを追加して、そのカードをアカウントの主要支払い方法に設定します。サインインして次の手順を実行します。

  • ページ右上にあるアカウント名をクリックします。
  • 「Settings」をクリックします。
  • 「請求」タブに切り替えます。
  • 「カードを編集」をクリックします。
  • 新しいクレジットカードの情報を入力し、保存します。

注意:アカウントで一度に有効化できるクレジットカードは1つだけです。クレジットカード情報は、24時間以内で3回までしか変更できません。

請求サイクル

Search Adsのキャンペーンの請求は、支出が500ドルに達した場合または7日ごとの、いずれか早いタイミングで発生します。請求の基準額に到達すると、クレジットカードの設定時に指定したアドレスにEメールの通知が送信されます。この請求通知は、「請求」タブで表示およびダウンロードすることもできます。

キャンペーンの一時停止

キャンペーンが一時停止されても、アカウントやクレジットカード情報が削除されることはありません。キャンペーンの一時停止中も、アカウントに追加した支払い情報は安全に保護されます。また、キャンペーンが再度有効化されるまで請求は発生しません。

取引履歴の確認

支払いにクレジットカードを使用している場合、アカウントにサインインすることでいつでも取引情報を確認できます。次の手順を実行します。

  • ページ右上にあるアカウント名をクリックします。
  • 「Settings」をクリックします。
  • 「請求」タブに切り替えます。
  • ページ内の「請求書」セクションに移動します。
  • 表示する請求書をクリックします。

表示される取引のリストで、取引が発生したキャンペーンおよびキャンペーンID、獲得したタップ数、アカウントへの請求額を確認できます。

毎月の請求書

クレジットラインを利用できるお客様

特定の基準を満たしている広告主様には、Appleクレジットラインの利用資格が提供されます。この承認を受けた広告主様は、キャンペーンで発生した費用(請求期間における実際の支出額)を毎月の請求書で受け取ることができます。支払い額は毎月の請求書に記載されます。地域によってはクレジットラインの資金をご利用いただけない場合があります。詳しくは、Search Adsクライアントパートナーにお問い合わせください。

予算オーダー

毎月の請求書での支払いを事前承認された広告主様は、予算オーダーを使用して、複数のキャンペーンの請求をまとめることができます。月末には、同じ予算オーダーに紐付けられたすべてのキャンペーンが、同じ請求書に記載されるため、キャンペーン管理を効率化できます。

さらに、指定期間中のキャンペーン全体の合計支出額に上限が適用されるため、合計予算を超過することがありません。予算オーダーは、最大キャンペーン予算と1日のキャンペーン最大支出額に加えて利用できる、もう1つのコストコントロール手段です。

キャンペーン注文番号に基づく請求書

予算オーダーを利用できない場合でも、キャンペーン注文番号を利用して請求をまとめる方法があります。

プロモーションクレジット

アカウントの初回設定時、無料で開始していただくためのクレジット100米ドルが広告主様に自動で付与されます。このクレジットは、カードを追加する際に「支払い情報」ページの上部に表示されます。

アカウントにプロモーションクレジットが適用されていることを確認するには、「アカウント設定」セクションの「請求」タブを開いてください。最後に適用されたクレジットが、お支払い方法の詳細の下にある「プロモーションクレジット」に表示されます。

対象となるデベロッパ

新規アカウントのクレジットは、次の国のApple App Storeで少なくとも1つのアプリケーションを販売している、App Store Connectのアカウント所有者として登録済みのデベロッパに対して付与されます。

  • アジア太平洋:オーストラリア、日本、韓国、ニュージーランド。
  • ヨーロッパ:フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、英国
  • 北米:カナダ、メキシコ、米国

アカウントの通貨が米ドル(USD)以外に設定されている場合、新規アカウントのクレジットは、アカウントに設定した通貨に換算されます。変換レートはAppleの日次為替レートに準拠します。

詳しくは、Search Adsプロモーションクレジット利用規約を参照してください。

請求に関する問題

請求の誤り

アカウントに請求の誤りがあると思われる場合、こちらからSearch Adsチームにお問い合わせください

取引の確認

アカウントの取引情報を確認するには、次の手順を実行します。

  • ページ右上にあるアカウント名をクリックします。
  • 「Settings」をクリックします。
  • 「請求」タブに切り替えます。
  • ページ内の「請求書」セクションに移動します。
  • 表示する請求書をクリックします。

請求書には、キャンペーンID、獲得したタップ数、およびアカウントへの請求額が含まれます。

また、キャンペーンビューや広告グループビューの「レポート」タブで、広告グループの支出と平均CPAなど財務関連の指標を監視することもできます。

注意:クレジットカード請求書の金額とオンラインの取引合計額がわずかに異なる可能性があります。これは、クレジットカードの請求にはUTCが使用されるのに対し、アカウントでは選択したタイムゾーンが使用されるためです。請求履歴と同じタイムゾーンでアカウントを確認するには、表示するキャンペーンの「レポート」タブにアクセスします。フッタにあるタイムゾーンのドロップダウンでUTCを選択してください。UTCの時差が反映されることで、選択した日付範囲がわずかに変化する場合があります。検索語句、年齢、性別、および所在地のレポートは、UTCでは表示できません。

1米ドルの請求が発生した理由

請求額として記録されている0または1米ドルは、カード発行会社がカードの有効性を確認するために一時的な認証リクエストを送信したことを示しています。この請求額は、通常14日以内にご利用中の銀行によってアカウントから削除されます。Search Adsでは削除できません。一時的な認証が削除されない場合は、カード発行会社にお問い合わせください。

別々のApple法人から複数の請求が行われた理由

請求は、広告が表示された地域に関連する各Apple法人で、500ドルまたは7日ごとに処理されます。

たとえば所在地がオーストラリアにあり、米国と英国でキャンペーンを行う場合、請求の概要には複数の請求が広告が表示された地域別に表示されます。広告の実施地域に応じて、一度に合計で最大5つの請求が表示される場合がありますが、500ドルの基準額を超えることはありません。

複数の国でApp Storeに広告を表示する予定の場合は、ご利用のクレジットカード会社にその旨を通知し、外国取引の処理に問題が発生しないかご確認ください。

税金

概要

Search Adsは地域販売モデルに基づいて運営されています。詳しくは、サービス規約を参照してください。

Apple Search Adsサービスの購入には、特定の国/地域の付加価値税(以下、「VAT」)、売上税と使用税、物品サービス税(以下、「GST」)、および消費税を含むがこれらに限定されない税金が課される可能性があります。Appleは、適用される税法に定められているとおり、このような税金を特定して広告主様に請求します。

税金の適用方法

ほとんどの場合、税金が適用されるかどうかは以下の要因の組み合わせで決まります。

  • 会社所在地。つまり会社が法的に登録されており、納税居住者とみなされている国/地域。多くの場合、主たる事業所または本社が所在する国/地域、または会社の公式なレターヘッドに記載された国/地域が該当します。
  • 税務情報(有効な税金IDや免税ステータスなど)。
  • 請求元のApple法人。広告主様にSearch Adsを提供しているApp Storeの地域によって異なります。

いずれかの税務当局がSearch Adsサービスの顧客に税務コンプライアンス上の義務(リバースチャージ方式での会計処理、自身での会計処理と報告書作成を含むがこれらに限定されない)を課している場合、広告主様がその義務について全責任を負うものとします。

ご不明な点がある場合は、税理士にご相談ください。Appleは税務上の問題についてアドバイスすることはできませんのでご注意ください。

免税

広告主様の会社の所在地が米国またはカナダの場合、Search Adsアカウントの「商取引詳細」ページで、会社が免税対象であると申告することができます(該当する場合)。申告すると、Avalaraで申請プロセスを完了して免税ステータスを確認するよう求めるメッセージが表示されます。承認されると、免税証明書が届きます。この証明書の番号をSearch Adsの「商取引詳細」ページで入力する必要があります。

源泉徴収税

Search Adsサービスについて広告主様がAppleに支払う金額が適用される源泉徴収税の対象となっており、広告主様がその税金を徴収して支払うよう義務付けられている場合、広告主様は、適用される源泉徴収税を控除して税務当局に支払った後で最初の請求額と同じ額をAppleが受け取れるように、グロスアップ計算して該当する支払い額をAppleに支払うものとします。広告主様が適用される源泉徴収税を適用する場合、源泉徴収税に関する書類には特定の請求書を発行した正確なApple法人名を適切に記入してください。

その際、以下の点にご注意ください。

  • Apple Distribution Internationalは他のApple法人に代わって広告主様から資金を回収して受け取りますが、特定の請求書を発行したApple法人ではない場合があります。
  • 「請求書」とは、Search Adsオンラインアカウントで入手できる請求書を指します。毎月受け取る請求の概要や明細のことではありません。

会社の所在地(国または地域)別の追加税金情報

米国
広告主様の会社の所在地が米国で、有効な免税証明書を提出している場合、AppleがSearch Adsの請求で税金を課す必要はありません。有効な免税証明書を提出していない場合、州および/または地方の司法管轄に応じてApple Search Adsサービスの購入が売上税の対象となる可能性があります。

カナダ
広告主様の会社の所在地がカナダで、有効な免税証明書とともにGSTおよび/またはQST番号を提出している場合、AppleがSearch Adsの請求で税金を課す必要はありません。それ以外の場合、Apple Search Adsサービスの購入は、州に応じてGST/HST/PST/QSTの対象となる可能性があります。

日本
広告主様の会社の所在地が日本の場合、iTunes株式会社が広告主様に発行するSearch Adsの請求に日本の消費税(以下、「JCT」)が適用されます。iTunes株式会社以外のAppleの法人が発行するSearch Adsの請求に対して支払うべき日本の消費税については、リバースチャージ方式が採用されます。

オーストラリア
広告主様の会社の所在地がオーストラリアの場合、Apple Pty Ltdが広告主様に発行するSearch Adsの請求にオーストラリアのGSTが適用されます。Search Adsサービスを利用するには、オーストラリア事業者番号(以下、「ABN」)をAppleに提出し、オーストラリアでGSTに登録していることが条件となります。

ニュージーランド
広告主様の会社の所在地がニュージーランドで、ニュージーランド事業者番号またはGST番号を提出している場合、Appleは広告主様に発行するSearch Adsの請求で税金を課す必要はありません。Search Adsサービスを利用するには、ニュージーランドでGSTに登録している必要があります。

台湾
広告主様の会社の所在地が台湾で、有効なTaiwan Unified Business Number(「会社ID」、「法人税ID」、または「VAT ID」とも呼ばれる)を提出している場合、Appleは広告主様に発行するSearch Adsの請求で税金を課す必要はありません。Search Adsサービスを利用するには、広告主様が企業である必要があります。

インド
広告主様の会社の所在地がインドで、インドの有効なGST登録番号を提出している場合、Appleは広告主様に発行するSearch Adsの請求で税金を課す必要はありません。Search Adsサービスを利用するには、インドでGSTに登録している必要があります。Appleは、ご利用のSearch Adsサービスについて、GSTまたはその他の税金に関するガイダンスを提供することはできません。リバースチャージ方式において平衡税またはGSTを広告主様が支払うべきかどうかは、広告主様ご自身で税理士とともに分析していただく必要があります。このような税金は、支払うべきである場合、広告主様の負担となります。

アイルランド
広告主様の会社の所在地がアイルランドの場合、Apple Distribution Internationalは広告主様に発行するSearch Adsの請求でVATを課す必要があります。

南アフリカ
広告主様の会社の所在地が南アフリカの場合、南アフリカでVATに登録しているかどうかにかかわらず、Apple Distribution Internationalは広告主様に発行するSearch Adsの請求でVATを課す必要があります。Apple Distribution Internationalは、南アフリカのVAT制度のためのVAT登録法人です。

スイス
広告主様の会社の所在地がスイスの場合、スイスでVATに登録しているかどうかにかかわらず、Apple Distribution Internationalは広告主様に発行するSearch Adsの請求でVATを課す必要があります。Apple Distribution Internationalは、スイスのVAT制度のためのVAT登録法人です。

以下の国の場合:
オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、英国、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、アルメニア、ベラルーシ、トルコ:

  • 有効なVAT IDを提供している場合、Appleは広告主様に発行するSearch Adsの請求でVATを課す必要はありません。広告主様は、自国のVAT制度のもとで独自のVAT遵守責任を負う可能性があるため、この点について自社の遵守義務を理解するための措置を講じる必要があります。Appleは、Search Adsの広告主様が自国で適用される可能性のある税務上の遵守義務について一切の責任を負いません。
  • 有効なVAT IDを提出していない場合、Apple Distribution Internationalは、広告主様の会社所在国の税法に従って、広告主様に発行するSearch Adsの請求でVATを課す必要があります。Apple Distribution Internationalは、このVATを徴収する目的のため、広告主様の会社所在国でVATに登録されています。

上記以外の国または地域

広告主様の会社の所在地が上記のいずれの国でもない場合、Appleは広告主様に発行するSearch Adsの請求で税金を課す必要はありません。

税金はキャンペーンで設定した予算上限額に加算されますか?

税金は予算上限金額には含まれません。適用される税金はすべて新しい項目として請求に追加されます。ただしクレジットカード払いの場合、クレジットカードの明細に記載される金額が税込みとなります。

「商取引詳細」ページについて

Search Adsアカウントの「商取引詳細」ページは、「アカウント設定」の「概要」にあり、Appleが広告主様の税金に関するステータスを判断するための情報源として使用されます。新しい広告主様は、アカウントの作成時に「商取引詳細」ページに記入するよう求められます。

「商取引詳細」ページには以下の情報が表示されます。

  1. 法人名
    定款および/または納税申告書に記載された、会社の登録名。
  2. 会社所在地
    会社が法的に登録されており、納税居住者とみなされている国/地域。多くの場合、主たる事業所または本社が所在する国/地域、または会社の公式なレターヘッドに記載された国/地域が該当します。
  3. 住所
    法的に登録されており、納税居住者とみなされている会社の住所。多くの場合、主たる事業所または本社が所在する住所、または会社の公式なレターヘッドに記載された住所が該当します。
  4. 税金ID
    税務登録証明書に記載された会社の税金ID番号(以下を含むがこれに限定されない):
    • VAT(付加価値税)ID(該当する場合、最初の2文字のEU加盟国コードを含む)
    • GST(物品サービス税)ID

クレジットカード払いの広告主様

広告主様のアカウントへの請求方法が変更されます。これは各地域における広告主様の予算の利用状況を反映することを目的としています。予算が500ドルだとします。

従来の方式:請求額は単一の数値で表され、500米ドルまたは7日間ごとにすべてのキャンペーンの合計額が反映されます。
新しい方式:複数の請求額が表示されます。これは、各法人に対して、広告が表示された地域ごとの、それぞれ500米ドルまたは7日間ごとの請求額を表示するために、項目が分けられるからです。

たとえば所在地がオーストラリアにあり、米国と英国でキャンペーンを行う場合、請求の概要は広告が表示された地域別に表示されます。広告の実施地域に応じて、請求の概要には一度に合計で最大5つの請求が表示される場合がありますが、500ドルの基準額を超えることはありません。

複数の国でApp Storeに広告を表示する予定の場合は、ご利用のクレジットカード会社にその旨を通知し、外国取引の処理に問題が発生しないかご確認ください。

税金に関する変更がクレジットラインの広告主様に及ぼす影響

Apple法人ごとに別々の請求書が届くようになります。ただし、Appleへの一括払いに使用できる合算された請求の概要も発行されます。「アカウント設定」の「決済」セクションで、そのUI内の詳細をご確認ください。