広告グループについて理解し、作成する

広告グループを使用して、広告を表示する対象を指定する

広告グループは、Apple Search Ads AdvancedのSearch resultsキャンペーンとSearch tabキャンペーンの両方に含まれています。各広告グループ内で、プロモーション対象のアプリに関連するオーディエンスを絞り込むことができます。Search tabキャンペーンでは、広告グループにはオーディエンスの絞り込みのみが含まれます。Search resultsキャンペーンでは、広告グループにはオーディエンスの絞り込み、キーワード、除外キーワードが含まれます。各キャンペーンは1つ以上の広告グループで構成され、キャンペーンの各広告グループに対して具体的なオーディエンスの絞り込み、および最大タップ単価(CPT)入札額を設定することができます。

Apple Search Adsアカウントの作成時に指定したタイムゾーンに基づき、すべての広告グループとレポート指標の開始日と終了日が決まります。

Search resultsキャンペーンの広告グループを特定のテーマや戦略に特化させる

Search results広告グループの効率性と有効性を最大限に高めるには、顧客がどのように検索するかを考える必要があります。顧客がアプリをどのように検索するか予想し、アプリに関連する共通のキーワードテーマや戦略に各広告グループを特化させましょう。また、自身のテーマに合うようにApp Store Connectでセットアップしたカスタムプロダクトページに基づいて広告バリエーションを作成することもできます。検索頻度が高いテーマに特化させた広告グループに対しては、検索頻度が低いテーマに関連するキーワードを持つ広告グループよりも高い最大タップ単価(CPT)入札額を設定することをお勧めします。このように広告グループを区別することで、支出を個別に追跡し、管理することができます。

例:

ほかでは手に入らない独自のフィルタを使ったカメラアプリを持っているとします。顧客の80%がiPhoneからこのアプリを検索していることがわかりました。この場合、iPhone専用の広告グループを作成し、iPhoneユーザーのインプレッションをより多く得られるよう入札額を調整することをお勧めします。

または、特定の性別や年齢(18歳〜34歳の男性など)のユーザーの価値が高いことがわかっている場合、広告グループを個別に作成して、そうしたユーザーに対する露出度や最大CPT入札額を細かく管理することもお勧めです。

新しい広告グループを作成する方法

  1. 「広告グループ」ダッシュボードで、「広告グループを作成」ボタンをクリックします。
  2. 「広告グループを作成」ページで、新しい広告グループの名前を入力します。
  3. デフォルトの最大CPT入札額を設定します。Search results広告グループを作成する場合、CPA目標を含めることもできます。
  4. Search results広告グループを作成する場合、検索マッチのオンまたはオフを選択します。
  5. Search results広告グループを作成する場合、キーワードや除外キーワードも追加します。
  6. iPhoneやiPadのユーザーに広告を表示する、デバイスの絞り込みを設定します。
  7. オーディエンスを顧客タイプ、ユーザー層、地域で絞り込むかどうかを選択します。
  8. 開始日と、必要に応じて終了日や時間帯区分を設定します。
  9. 「保存」をクリックします。

広告グループを一時停止または有効化する方法

  1. 「広告グループ」ダッシュボードから開始します。
  2. 有効化または一時停止する広告グループをすべて選択します。
  3. 「アクション」メニューで「有効化」または「一時停止」を選択します。

広告グループを削除する方法

  1. 「広告グループ」ダッシュボードから開始します。
  2. 有効化されている、削除対象の広告グループを選択します。
  3. 「アクション」メニューで「削除」を選択します。

有効化された広告グループを削除すると、その広告グループの広告は永久に表示されなくなります。削除された広告グループを表示するには、キャンペーンを選択して、画面右側にある「広告グループ」ダッシュボードの「ビュー」オプションで「有効」、「削除済み」、「すべて」を切り替えます。

過去のレポートのデータは引き続き利用でき、特定の広告グループとキーワードに関するデータの表示やダウンロードも可能です。ダウンロードする場合は、広告グループまたはキーワードを選択し、「アクション」メニューで「データをダウンロード」をクリックします。

注:広告グループの削除は取り消すことができません。一度削除したあとは、復元または変更できません。