エラー:検索語句を入力してください。
Basic | トラブルシューティング

お支払いまたは請求に関する問題が発生した場合

Apple Search Adsアカウントに関連付けているカードが却下された場合

何らかの理由でクレジットカードへの請求が拒否された場合、Apple Search Adsでは広告を一時停止し、拒否から48時間以内に同じクレジットカードへの請求を再度試みます。広告は、クレジットカードに関する問題が解決されるまで実施されません。

代わりのクレジットカードをアカウントに追加すると、クレジットカード情報が更新されてから24時間以内に代替クレジットカードへの請求が行われます。

この決済が承認されると、広告主様の広告がApp Storeの検索結果に再び表示されるようになります。

クレジットカードを更新する必要がある場合

新しい主要支払い方法を追加するには、次の手順を実行します。

  1. ページ右上にあるアカウント名をクリックします。
  2. 「設定」をクリックします。
  3. 「請求」ページに移動します。
  4. 「カードを編集」をクリックします。
  5. 新しいクレジットカードの情報を入力し、保存します。

更新されたカードへの請求が24時間以内に可能になり、広告がApp Storeの検索結果に表示されるようになります。

アカウントで一度に有効化できるクレジットカードは1つだけであることにご注意ください。クレジットカード情報は、24時間以内で3回までしか変更できません。

請求取引を確認したい場合

アカウントの取引情報を確認するには、次の手順を実行します。

  1. ページ右上にあるアカウント名をクリックします。
  2. 「設定」をクリックします。
  3. 「請求」ページに移動します。
  4. ページ内の「請求書」セクションに移動します。
  5. 表示する請求書をクリックします。

1米ドルの請求が発生した場合

請求額として記録されている0または1米ドルは、カード発行会社がカードの有効性を確認するために一時的な認証リクエストを送信したことを示しています。この請求額は、通常14日以内にご利用中の銀行によってアカウントから削除されます。Apple Search Adsでは削除できません。一時的な認証が削除されない場合は、カード発行会社にお問い合わせください。

30日以上後にインストールの請求が発生した場合

ダウンロード数は、30日間のコンバージョン期間内にユーザーがデバイスにアプリケーションをダウンロードした場合にカウントされます。この期間は、30日間以内にユーザーが広告に反応した時点から始まり、ユーザーがアプリケーションをインストール(ダウンロード)すると終了します。すべての請求が処理されてダッシュボードに反映されるまでに、最長で10日かかる場合があります。

別々のApple法人から複数の請求が行われた場合

請求は、広告が表示された地域に関連付けられる各Apple法人で、500米ドルまたは7日ごとに処理されます。

たとえば所在地がオーストラリアにあり、米国と英国でキャンペーンを行う場合、請求内容には広告が表示された国や地域別に項目が分けられます。広告の実施地域に応じて、一度に合計で最大5つの請求が表示される場合がありますが、500米ドルの基準額を超えることはありません。

複数の国と地域でApp Storeに広告を表示する予定の場合は、ご利用のクレジットカード会社にその旨を通知し、外国取引の処理に問題が発生しないかご確認ください。

請求の誤りを見つけた場合

アカウントに請求の誤りがあると思われる場合、こちらからApple Search Adsチームにお問い合わせください