入札額のインサイトについて理解する

Apple Search Ads Advancedの検索結果キャンペーンにおける入札額のインサイトの仕組みについて

広告主様が競争力を維持し、入札の判断をより確実なものにして検索結果キャンペーンを最適化できるよう、Apple Search Ads Advancedは入札額に関するインサイトを提供しています。この情報はアカウントの「すべてのキーワード」ダッシュボードと「広告グループのキーワード」ダッシュボードではキャンペーン単位で表示されます。これらのインサイトは、キャンペーンの実施期間中、継続的に更新され、ほかのパフォーマンス指標と共にCSVファイルとしてダウンロードできます。

「すべてのキーワード」ダッシュボードの「入札の競争力」列と「推奨入札範囲」列

推奨入札範囲

推奨入札範囲は既存のキーワードごとに表示される指標です。この範囲に最大タップ単価(最大CPT)入札額を設定することで、広告が表示される可能性を徐々に高めることができると考えられる推奨範囲を示します。推奨範囲は、同じキーワードに関連付けた広告主様の広告やほかの広告主様の広告に対する顧客の反応状況、そのキーワードに対する広告主様やほかの広告主様の入札履歴など、複数の要因の評価に基づいて決定されます。

入札効力

入札効力はキーワードごとに関連付けられ、赤、黄色、緑のバーで表示されます。これは入札の競争力を評価する指標であり、入札の競争力が「強い」場合、その広告は「弱い」ものに比べ、対象とするオーディエンスに幅広くアピールできます。

  • 入札の競争力が「弱い」(赤)とは、他の広告主の入札と比較して不利な状態にあることを意味します。広告が表示される確率は相対的に低くなっています。

  • 入札の競争力が「中程度」(黄色)とは、入札の競争力を向上させて、広告の表示回数を増やす機会があることを意味します。

  • 入札の競争力が「強い」(緑)とは、マーケットプレイスで他の広告主よりも有利な位置を獲得できていることを意味します。

  • 入札範囲を推奨したり、入札の競争力を測定したりするための十分なデータがない場合、キーワードが一時停止中の場合、広告グループまたはキャンペーンが保留中の場合や、現在の入札額が既に推奨範囲内に設定されている場合には、インジケーターは表示されません。

推奨入札範囲と入札効力は、広告が表示される可能性を徐々に高める効果があると考えられる推奨設定と競争力評価のための指標です。必要な入札額を指示するものでも、入札の上限や下限を示すものでもありません。これらの指標は時間の経過とともに変化し、広告主様によって異なることがあります。