キャンペーンを作成する

Apple Search Ads Advancedキャンペーンの仕組み

キャンペーンは、App Storeの検索結果またはApp Storeの検索タブで広告を配信するよう設定されます。広告のプレースメントに応じて、キャンペーンにはキャンペーンの目標に従って選択した広告グループ、オーディエンスの絞り込み、キーワードが含まれます。キャンペーン、広告グループ、キーワードは、いつでも複製、一時停止、再有効化することができます。キャンペーンは必要な数だけ作成できるほか、不要あるいは古くなったキャンペーンや広告グループはいつでもアカウントから削除できます。一度削除されたキャンペーンや広告グループは復元または変更できず、それらのキャンペーンや広告グループの広告はすべて出稿が停止される点にご注意ください。

キーワードを整理および管理する方法は多く存在します。Search resultsキャンペーンの作成を始める前に、キャンペーンをどのように構成し、キャンペーン内のキーワードをどのように設定するかに関するAppleのベストプラクティスをご参照ください。

キャンペーン構成に関するベストプラクティス

キャンペーン開始の準備をする

  • App Store Connectアカウントに関連付けられたApple IDを用意します。
  • アプリケーションをApp Storeに公開します。
  • アプリケーションのプロモーションを行う国と地域を選択します。
  • 支出可能な予算を把握します。
  • Apple Search Adsアカウントに登録します。
  • 有効なクレジットカードを追加します。

広告代理店の場合はこちらからお問い合わせください。サードパーティアプリケーションの宣伝を計画している広告代理店は、Apple Search Adsアカウントを広告代理店アカウントとして設定することができます。お使いのアカウントは、そのアカウントに含まれるすべてのApple Search Ads Advancedキャンペーン(およびキャンペーングループ)について、Appleによる請求先となる法人が設定する必要があります。広告代理店のクライアントが自身のアカウントの作成を望んでいる、または直接請求を受けることを望んでいる場合、代理店はキャンペーングループを作成しないでください。直接請求を受けることを望んでいる場合は、クライアントが自身のApple Search Adsを作成し、代理店をユーザーとして招待する必要があります。広告代理店のアカウント設定プロセスには時間がかかる場合があり、また設定されることが保証されるわけではありませんのでご注意ください。

お支払い方法を追加する前にキャンペーンを作成すると、有効なお支払い方法をアカウントに追加した時点で自動的に広告表示が開始されます。ただし、キャンペーンのステータスを「一時停止」にしている場合を除きます。作成後にキャンペーンが自動的に実行されないようにするには、キャンペーンの作成時にステータスを「一時停止」にしておき、キャンペーンを開始する準備が整ってからステータスを「実行」に変更するか、開始日時を指定します。

ヒント:適切な顧客にいち早くリーチしましょう。

他のアプリケーションのユーザーにクロスプロモーションを行う場合や、こうしたユーザーをオーディエンス顧客タイプとして追加する場合は、Apple Search Adsへの登録時に、App Store Connectアカウントに関連付けられたApple IDを使用してください。

キャンペーンを作成する方法

  1. Apple Search Ads Advancedの「キャンペーン」ダッシュボードで、「キャンペーンの作成」ボタンをクリックします。

  2. プロモーションを行うアプリケーションを選択します。

  3. 広告を表示する地域を選択します。App Storeの検索結果の最上位、またはApp Storeの検索タブで提案されたアプリケーションリストの最上位でご自分のアプリケーションを宣伝できます。

  4. キャンペーンを実行する1つ以上の国または地域を選択します。複数の市場で宣伝する予定がある場合は、類似する国や地域をグループにまとめると管理が容易になります。顧客の価値、顧客プロファイル、言語、グローバルな地域、販売や金融の拠点などの属性に従って、国や地域をグループにまとめます。

  5. 「続ける」をクリックします。

  6. キャンペーン設定を適用します。

    • キャンペーンに名前を付けます。特定のテーマに沿ってキーワードやCreative Setsを整理したければ、そうしたテーマをキャンペーン名に含めることをおすすめします。たとえば、ブランド調査などを含めるなど。
    • キャンペーンの予算を設定します。設定額の増額はいつでも可能ですが、キャンペーン開始後に減額することはできません。予算を使い切るか、キャンペーンの終了日を迎えるか、またはキャンペーンが一時停止されるまで広告が表示されます。

      予算の管理についてさらに詳しく
    • オプションで1日の上限を設定できます。これにより、毎日の支出を一定額に配分できるため、特定の期間中に予算を使い切らないようにすることができます。
  7. 広告グループを作成します。

    • 広告グループに名前を付けます。 Search resultsキャンペーンを作成している場合は、キーワードのテーマと広告グループ名を合わせることをおすすめします。

      広告グループについてさらに詳しく
    • 広告グループに、デフォルトの最大タップ単価(CPT)入札額または最大インプレッション単価(CPM)入札額を設定します。Search resultsキャンペーンにおいて、最大CPT入札額とは、広告に対する1回のタップにお支払い可能な最大額のことです。Search tabキャンペーンにおいて、最大CPM入札額とは、1,000回の広告のインプレッションにお支払い可能な最大額のことです。デフォルトの最大CPTまたは最大CPM入札額は、広告グループレベルで設定されます。Search resultsキャンペーンにおいて、これは、最大CPT入札額をキーワードレベルで指定しない限り、ある広告グループのすべてのキーワードに同じ入札額が適用されることを意味します。

      Search resultsキャンペーンでの入札額についてさらに詳しく
    • Search resultsキャンペーンを再作成している場合、任意で顧客獲得単価(CPA)目標を追加する、または顧客1人を獲得するために費やす理想の金額を設定することができます。

      CPA目標についてさらに詳しく
  8. Search resultsキャンペーンに対して、検索マッチをオンまたはオフにします。

    検索マッチで広告が関連性の高い検索と照合される仕組みについてさらに詳しく

  9. Search resultsキャンペーン向けの広告グループキーワードを選択します。App Storeのお客様が広告主様のいずれかのキーワードを含む検索クエリを入力すると、広告が表示されることになります。

    キーワードを選択する方法についてさらに詳しく

  10. デバイスの種類、顧客タイプ、ユーザー層、場所でオーディエンスを絞り込みます。

    オーディエンスの絞り込みについてさらに詳しく

  11. キャンペーンの開始日を設定し、任意で終了日を設定します。

  12. ご希望があれば、広告を配信する時間帯および曜日を指定します。

    広告スケジュールについてさらに詳しく

  13. Search resultsキャンペーンでは、広告グループのテーマやオーディエンスに応じた広告オプションをさらに利用できるように、オプションのCreative Setsを追加します。

    Creative Setsについてさらに詳しく

  14. 「キャンペーンを作成」ボタンをクリックします。