キーワードを追加および管理する

Apple Search Ads Advancedの検索結果キャンペーンにおけるキーワードの選択方法を理解する

キーワードとは、アプリケーションがApp Storeで検索される際に、ユーザーが使いそうな単語や語句のことです。Apple Search Ads Advancedでは、App Storeの関連性のある検索結果内に広告をトリガーして表示するためのキーワードに入札することで、App Storeのユーザーが広告主様のいずれかのキーワードを含む検索クエリを入力すると、広告が表示されるようになります。

Apple Search Adsでは、広告主様のアプリケーションに関する情報とそのジャンルに基づき、推奨キーワードのリストが提供されるため、検索結果の広告グループにキーワードを追加する時間を節約できます。独自のキーワードを追加することもでき、その場合は入力したキーワードに関連する一連のキーワードがApple Search Adsによって提案されます。これらの推奨キーワードは、横に表示されているプラス記号をクリックするだけで広告グループに追加できます。

独自のキーワードを選択する場合のヒントを紹介します。

1. 顧客の立場で考える。

同種のアプリケーションを検索するユーザーが使いそうな検索語句を考えます。そのアプリケーションが満たすニーズや提供するサービスを説明する言葉を探してください。

例えば、広告主様のアプリケーションが、他のアプリケーションが提供していない独自のフィルタを搭載した新しいカメラアプリケーションであるとします。最初に考案するキーワードはアプリケーション名などの基本情報になりますが、次の段階ではアプリケーションが提供する機能を検討します。「色 エディタ」、「ピクチャ エディタ」、「写真 エディタ」などの用語がダウンロード数の増加につながるかもしれません。

2. 一般的なキーワードと具体的なキーワードの両方を試す。

アプリケーションの機能を表す一般的なキーワードも試してください。そうしないと、一般的なキーワードが検索されても広告がオークションに参加できるチャンスが少なくなります。一般的なキーワードはより多くのオーディエンスにアピールできる一方で、競争相手が増え、入札額の引き上げが必要になり、予算の消費ペースが速くなる可能性があります。

具体的なキーワードを選択すると、アプリケーションとピンポイントで関連する検索クエリに対して広告を表示できるようになります。具体的な検索語句には、広告タップからのコンバージョン率を高める効果が期待されますが、キーワードの具体性が高すぎると、広告を表示する顧客数が目標に到達しない可能性があります。

3. 調査、汎用、競合他社、ブランドのキーワードを別々の広告グループに入れることを検討する。

  • 調査キーワードを使用すると、幅広いオーディエンスに届き、よく使用される検索語句を探し当てることができます。検索マッチを使用するようにしてください。

  • 汎用キーワードを使用すると、広告主様のアプリケーションまたはそのジャンルに関心がある顧客で構成される幅広いオーディエンスに届きます。

  • 競合他社キーワードを使用すると、アプリケーションの種類で絞り込んだクエリに合わせて広告を表示できます。

  • ブランドキーワードを使用すると、広告主様のアプリケーションとブランドに直接関連する検索に対して広告を表示できます。これらのキーワードには完全一致タイプを使用します。

    キャンペーン構成のヘルプ情報

キャンペーンに新しいキーワードを追加すると、部分一致タイプとデフォルトの最大CPT入札額がデフォルトに設定されることに注意してください。また、それらのキーワードは、広告主様のキャンペーンに関連付けられている国や地域すべてに対して適用されます。

キーワードを追加する場合

パフォーマンスが高い特定のキーワードがある場合、キーワード提案ツールを使って同種のキーワード候補を見つけ、推奨キーワードをハイライトしてクリックします。また、ここで独自のキーワードを追加し、各キーワードのマッチタイプを編集することもできます。「保存」をクリックすると、選択した新しいキーワードが広告グループに追加されます。

既存の広告グループにキーワードを追加する方法

編集する広告グループをクリックして、「キーワードを追加」をクリックします。ダイアログが開きます。ここでは次の操作を実行できます。

  • 推奨キーワードを追加するには、語句の横にある「追加」ボタン(+)をクリックする。

  • すべての推奨キーワードを追加するには、リストの下部にある「キーワードに追加」をクリックする。

  • その他のキーワードを検索するには、検索フィールドに検索語句を入力してReturnキーを押し、関連する語句を確認する。

  • 独自のキーワードは、「マイキーワードリスト」ボックスに追加し、キーワードがカンマで区切られていることを確認してReturnキーを押す。

特殊文字が含まれているキーワードは、選択肢として表示されない可能性がありますのでご注意ください。ある文字の別バージョンを入力するには、そのキーを押し続けて別の候補を表示し、使用する候補をクリックするか、候補の下に表示される番号を入力します。

「マイキーワードリスト」ボックスに追加したキーワードは、右側の「編集」ボタンで編集できます。「編集」ボタンから、次の操作を実行できます。

  • 変更するキーワードを選択する。

  • マッチタイプを、部分一致から完全一致、またはその逆に変更する。保存済みのキーワードのマッチタイプは変更できないことにご注意ください。

  • 選択したキーワードのキーワード入札額を更新する。

キーワードを一時停止する場合

各キャンペーンのキーワードはいつでも一時停止することができます。次のような場合にキーワードを一時停止することをお勧めします。

  • キーワードのコンバージョン率が低い。

    特に該当するのが、CPA目標を超過している場合です。

  • 部分一致キーワードのCPAが期待値を超過している。

    部分一致を一時停止し、完全一致キーワードとして追加することをお勧めします。こうすることで、完全に一致する語句のインプレッションを維持しながら、同義語や関連パターンを除外できます。

    マッチタイプについてさらに詳しく

  • 別の部分一致キーワードを追加する場合や、完全一致に切り替える場合。

    キーワードに設定したマッチタイプを後で変更することはできません。ただし、キーワードを一時停止して別のマッチタイプを追加することはできます。

キーワードを一括アップロードする方法

「キーワード」タブの「アクション」メニューで「キーワードをアップロード」を選択すると、キーワードを一括アップロードできます。

各広告グループには最大5,000件のキーワードを設定できます。以下のスプレッドシートを使用すれば最大5,000行を一括アップロードできます。ASCII以外の文字を含む言語の場合は、文字破損を防ぐためにCSVファイルをUTF-8エンコーディングで保存する必要がある点にご注意ください。

キーワードCSVテンプレートをダウンロードする

ダウンロードしたスプレッドシートを開いたら、各列に以下の情報を入力します。

Action(アクション):新しいキーワードを追加する場合は「CREATE」と入力し、既存のキーワードを更新する場合は「UPDATE」と入力します。

Keyword ID(キーワードID):新しいキーワードを追加する場合は空白のままにします。キーワードを更新する場合はキーワードIDを入力します。キーワードIDは、「広告グループのキーワード」ダッシュボードの「キーワードID」列で確認できます。この列が表示されていない場合は、「列を編集」リンクを使用してこの列を「表示する列」に移動します。

Keyword(キーワード):追加または編集するキーワードを入力します。

Match Type(マッチタイプ):部分一致の場合は「BROAD」、完全一致の場合は「EXACT」と入力します。

Status(ステータス):キーワードを有効化する場合は「ACTIVE」、一時停止する場合は「PAUSED」と入力します。

Bid(入札額):最大タップ単価(最大CPT)入札額を入力します。

Campaign ID(キャンペーンID):キャンペーンIDは、「キャンペーン」ダッシュボードの右上、「キャンペーン設定を編集」リンクの上部で確認できます。

Ad Group ID(広告グループID):広告グループIDは、「広告グループ」ダッシュボードの右上、「広告グループ設定を編集」リンクの上部で確認できます。

広告グループでキーワードを一括編集する方法

  1. 「広告グループ」ダッシュボードで目的の広告グループをクリックします。広告グループのステータスの表示で、広告グループが実行中であることを確認します。
  2. 「広告グループのキーワード」ダッシュボードで「アクション」をクリックし、メニューから「キーワードをダウンロード」を選択します。
  3. 広告グループのキーワードのCSVファイルがコンピュータにダウンロードされたら、ファイルを開きます。
  4. CSVファイルに変更を加えます。
  5. CSVファイルの先頭に列を挿入し、列ヘッダに「Action」というラベルを付けます。CSVファイルの各行に、既存キーワードを更新する編集には「UPDATE」、新しいキーワードを追加する編集には「CREATE」と入力します。
  6. もう一度「アクション」をクリックし、メニューで「キーワードをアップロード」を選択します。
  7. 編集したCSVファイルを探し、「選択」で選択します。
  8. 「アップロード」をクリックします。