「キャンペーン」ダッシュボードのパフォーマンス指標を確認する

Apple Search Ads Advancedのパフォーマンスデータを一目で確認できます

Apple Search Ads Advancedアカウントの「キャンペーン」ダッシュボードでは、任意のキャンペーンのパフォーマンス指標を確認できます。また、「広告グループ」ダッシュボードまたは「キーワード」タブに移動して、広告グループレベルまたはキーワードレベルでパフォーマンス指標を確認できます。「キャンペーン」ダッシュボードの「広告のプレースメント」列には、キャンペーンの広告がsearch resultsまたはSearch tabのいずれに表示されるかが示されます。メニューから日付の範囲を選択すると、次のいずれかまたはすべての指標についてデータを表示することができます。

  • 支出

  • 平均CPA(顧客獲得単価)

  • 平均CPM(インプレッション単価)

  • 平均CPT(タップ単価)

  • インプレッション数

  • タップ数

  • インストール数

  • TTR(タップ率)

  • CR

  • 新規ダウンロード

  • 再ダウンロード

  • LATオンのインストール

  • LATオフのインストール

「キャンペーン」ダッシュボードでは、予算や日予算の上限を表示したり、データをフィルタリングして特定のクロスセクションデータを表示したりすることができます。「広告グループ」ダッシュボードでは、CPA目標やデフォルトの最大CPT入札額を表示したり、データをフィルタリングしたりすることができます。「キーワード」タブおよび「検索語句」タブでは、最大CPT入札額をモニタリングしたり、マッチタイプやその他の変数を使用してデータをフィルタリングしたりすることができます。「キャンペーン」ダッシュボード、「広告グループ」ダッシュボード、「キーワード」タブおよび「検索語句」タブには、すべての重要なパフォーマンス指標の合計が含まれています。キャンペーンデータは、どのページからもダウンロードすることができます。

iOS 14以降でほかのダウンロードが行われる場合があるため、Apple Search Adsのレポートに表示される合計インストール数は、LATオフのインストールとLATオンのインストールの合計数と異なることがあります。

ダッシュボードにパフォーマンス指標を追加する方法

「キャンペーン」ダッシュボード、「広告グループ」ダッシュボード、または「キーワード」タブの右側にある「編集」列リンクをクリックします。「列を編集」に移動したら、レポートで表示または非表示にしたいパフォーマンス指標および情報をドラッグするだけです。

「キャンペーン」ダッシュボードのパフォーマンス指標

ダッシュボードでデータをフィルタリングする方法

「キャンペーン」ダッシュボード、「広告グループ」ダッシュボード、「キーワード」タブ、「検索語句」タブ、「除外キーワード」タブ、「Creative Sets」タブでは、パフォーマンスデータテーブルの上部付近に「フィルタ条件」メニューがあります。メニューをクリックして開き、フィルタを選択(最大20フィルタ)することで、特定のクロスセクションデータを確認できます。以下のフィルタ条件が使用できます。

フィルタ
全般 「キャンペーン」ダッシュボード:国または地域、ステータス、アプリ、予算、日予算の上限
「広告グループ」ダッシュボード:ステータス、デフォルトの最大CPT入札額、最大CPM入札額、CPA目標
「キーワード」タブ:マッチタイプ、最大CPT入札額、入札の競争力
「検索語句」タブ:一致ソース、デフォルトの最大CPT入札額
「除外キーワード」タブ:マッチタイプ、タイプ
「Creative Sets」タブ:ステータス
パフォーマンス 支出、タップ数、インストール数、インプレッション数
Advanced 新規ダウンロード数、再ダウンロード数

以下のフィルタでは、特定の値と等しい、より大きい、より小さい、または特定の範囲内にあるデータを選択して確認できます。

  • 予算
  • CPA目標
  • 1日の上限
  • デフォルトの最大CPT入札額
  • インプレッション数
  • インストール数
  • 最大CPM入札額
  • 最大CPT入札額
  • 支出
  • タップ数
  • 新規ダウンロード
  • 再ダウンロード

フィルタの保存

パフォーマンスデータテーブルの右上にある「保存」ボタンをクリックし、各フィルタやフィルタの組み合わせを保存(最大6つ)しておけば、今後使用する際に便利です。フィルタに名前を付けると、メニューに「保存済みフィルタ」として表示され、同じクロスセクションデータをいつでも素早く確認できます。

保存済みフィルタ名の編集

「フィルタ条件」メニューをクリックし、名前を変更する保存済みフィルタの横にある鉛筆アイコンをクリックします。ウインドウが表示され、フィルタを編集して再度保存できます。

保存済みフィルタの削除

「フィルタ条件」メニューをクリックし、削除する保存済みフィルタの横にあるゴミ箱アイコンをクリックします。ウインドウが表示され、フィルタの削除を確認するウインドウが表示されます。