カスタムレポートを作成する

柔軟なレポートオプションにより、Apple Search Ads Advancedのパフォーマンスデータに簡単にアクセスできるようになります

Apple Search Ads Advancedのカスタムレポートでは、必要とするちょうどよい粒度にレポートを設定したり、重要なパフォーマンス指標に対してキーワード、広告グループ、キャンペーン、国や地域、アプリレベルで広範なクエリを実行したり、レポートを自動的に毎日、毎週、または毎月実行するようにスケジュール設定したりできます。

カスタムレポートの場所

「キャンペーン」ダッシュボード、「広告グループ」ダッシュボード、または「キーワード」タブの右上隅にある「カスタムレポート」リンクをクリックします。「カスタムレポート」ページが開き、新しいレポートを作成したり、以前に生成したレポートにアクセスしたりできるようになります。レポートを作成すると、作成したレポートをダウンロードまたは削除できるようになります。

事前に定義されたレポートを使用する方法

よく使用されるディメンションおよびパフォーマンス指標については、事前に定義されたレポートを使用することで時間を節約できます。「レポートの種類」メニューから次のレポートを選択できます。

  • キーワードレポート:1つのキャンペーングループにおける、すべてのseaerch resultsの広告グループおよびキャンペーンのすべてのキーワードのパフォーマンスに関するものです。
  • 検索語句レポート:1つのキャンペーングループにおける、すべてのsearch resultsの広告グループおよびキャンペーンのすべての検索語句と対応するキーワードのパフォーマンスに関するものです。
  • Creative Setsレポート:1つのsearch resultsキャンペーングループにおける、広告グループ、キャンペーン、国または地域、アプリケごとのCreative Setsの結果に関するものです。
  • 広告グループレポート:1つのキャンペーングループに関する広告グループ、キャンペーン、国または地域、およびアプリごとの広告グループレベルのデータ。
  • 国または地域ごとの支出レポート:請求法人、国または地域ごとの支出。請求の調整に便利です。
  • 日次インプレッションシェアレポート:アプリ、国または地域ごとの日次のインプレッションシェア、ランク、検索の人気度のパフォーマンス。
  • 週次インプレッションシェアレポート:アプリ、国または地域ごとの週次(日曜日〜土曜日)のインプレッションシェア、ランク、検索の人気度のパフォーマンス。

事前に定義されたレポートのディメンション、パフォーマンス指標、日付の範囲を自由に編集して、レポートをカスタマイズすることができます。追加するディメンションまたはパフォーマンス指標をドラッグし、削除するディメンションまたはパフォーマンス指標の隣にある「X」をクリックします。レポート名の下にある「日付の範囲」メニューを使用して、レポート期間を調整します。

日次および週次のインプレッションシェアレポートは、レポート生成のパフォーマンスを向上させるため、ディメンションは編集できず、タイムゾーンはUTCに限定されますのでご注意ください。また、この2つのレポートタイプのデータは2020年4月12日以降のものしか取得できず、一度に取得できるデータは最大12週間までです。

カスタムレポートを作成する方法

  1. 「カスタムレポート」ページで、「レポートの作成」ボタンをクリックします。
  2. 「カスタムレポート」を選択するか、「レポートの種類」メニューから事前に定義されたレポートを選択します。メニューから日付の範囲とタイムゾーンを選択します。
  3. レポートに名前を付けます。
  4. 測定するディメンションとパフォーマンス指標を、レポートビルダーツールの適切な場所にドラッグします。たとえば、すべての有効なキャンペーンについてインプレッション数と支出を広告グループ、国および地域ごとに表示するには、広告グループ名、国または地域のディメンションとインプレッション数および支出のパフォーマンス指標をドラッグします。
カスタムレポートの作成に使用するレポートビルダーツール
  1. 「スケジュール」メニューからレポートを実行する頻度を選択します。
  2. 「レポートの実行」ボタンをクリックします。
  3. レポートが完成すると、カスタムレポートのリストに表示され、CSVファイルとしてダウンロードできるようになります。

レポートのディメンションおよびパフォーマンス指標の選択

ディメンションは、カスタムレポートの行として表示されます。次の要素を選択して含めることができます。

ディメンション
時間 月、週、日
アプリ アプリ名、アプリID
キャンペーン キャンペーン名、キャンペーンID、国または地域、キャンペーンステータス、広告のプレースメント
広告グループ 広告グループ名、広告グループID、広告グループステータス、検索マッチ、入札タイプ(タップ単価(CPT)、インプレッション単価(CPM))、デフォルトの最大入札額
キーワード キーワード、キーワードID、キーワードマッチタイプ、キーワードステータス、キーワードの最大タップ単価(CPT)入札額
検索語句 検索語句、検索語句一致ソース
Creative Sets Creative Sets名、Creative Sets ID、Creative Setsステータス
請求先 予算オーダー番号、請求法人

次のディメンションの組み合わせを1つのレポートで使用することはできません。

  • 複数の時間ディメンション。
  • キーワードと検索語句のディメンションを含むCreative Sets。

パフォーマンス指標は、カスタムレポートの列として表示されます。次の要素を選択して含めることができます。

パフォーマンス指標
パフォーマンス 支出、タップ数、インプレッション数、インストール数、TTR、CR、平均顧客獲得単価(CPA)、平均タップ単価(CPT)、平均インプレッション単価(CPM)
Advanced 新規ダウンロード、再ダウンロード、LATオンのインストール、LATオフのインストール、インプレッションシェア、ランク、検索の人気度

以下の点にご注意ください。

  • LATオンのインストールとLATオフのインストールの合計には、iOS 14以降を搭載したデバイスからのダウンロード数は含まれません。
  • インプレッションシェア、ランク、検索の人気度の各パフォーマンス指標は、事前に定義されたインプレッションシェアレポートの一部としてのみ追加できます。これらのパフォーマンス指標は、現在の市場力学に基づいていますが、市場力学は変化する可能性があります。
  • 事前に定義されたインプレッションシェアのレポートでは12週間のデータに制限され、すべてのカスタムレポートでは日付の範囲が18か月間に制限されます。
特定のディメンションおよびパフォーマンス指標の定義方法

レポートデータのフィルタリング

フィルタオプションを使用してキャンペーンステータス、広告グループのステータス、キーワードステータス、Creative Setsのステータス、または国や地域ごとにデータを表示することで、レポートをさらに絞り込みます。レポートのディメンションおよびパフォーマンス指標に関連していないフィルタを設定した場合、データは変化しません。たとえば、レポートがCreative Setsのディメンションのみを表示するように設定されており、キーワードの状況でフィルタリングした場合、データはフィルタを適用していない場合と同じように表示されます。

レポートのスケジュール設定

レポートビルダーツールの下にあるメニューからレポートの実行頻度とレポートの開始日および終了日を選択します。次の頻度でレポートを実行できます。

  • 1回
  • 毎日
  • 毎週 - 好きな曜日
  • 毎月 - その月の1日、15日、または末日

国または地域ごとの支出レポートをスケジュール設定している場合は、毎月15日のオプションを使用することをお勧めします。月末の数日を使って、最終支出データを取得することができます。

レポートのダウンロード

「カスタムレポート」ページの「アクション」列で、ダウンロードするレポートの隣にある「ダウンロード」アイコンをクリックします。CSVファイルが作成されます。

レポートの削除

「カスタムレポート」ページの「アクション」列で、削除するレポートの隣にある「削除」アイコンをクリックします。削除すると、カスタムレポートからレポートが完全に削除されます。