カスタムレポートを作成する

柔軟なレポートオプションを通じて、Apple Search Ads Advancedのパフォーマンスデータに簡単にアクセスできます

Apple Search Ads Advancedのカスタムレポートでは、求める的確な粒度にレポートを設定したり、重要なパフォーマンス指標に対して、キーワード、広告グループ、キャンペーン、国や地域、アプリケーションレベルで広範なクエリを実行したり、レポートを自動的に、毎日、毎週、または毎月実行するように設定したりすることができます。

カスタムレポートの場所

「キャンペーン」ダッシュボード、「広告グループ」ダッシュボード、または「キーワード」タブの右上隅にある「カスタムレポート」リンクをクリックすると「カスタムレポート」ページが開き、新しいレポートを作成したり、以前のレポートにアクセスしたり、レポートのステータスを確認したりすることができます。レポートを作成すると、作成したレポートをダウンロードまたは削除するオプションが追加されます。

事前定義レポートを使用する方法

よく使用されるディメンションおよびパフォーマンス指標については、事前定義レポートを使用することで時間を節約できます。「レポートの種類」メニューから次のレポートを選択できます。

  • キーワードレポート:1つのキャンペーングループにおける、すべてのSearch results広告グループおよびSearch resultsキャンペーンに含まれる、あらゆるキーワードのパフォーマンスを確認できます。
  • 検索語句レポート:1つのキャンペーングループにおける、すべてのSearch results広告グループおよびSearch resultsキャンペーンに含まれる、あらゆる検索語句と対応するキーワードのパフォーマンスを確認できます。
  • Creative Setsレポート:1つのSearch resultsキャンペーングループにおけるCreative Setsの結果を、広告グループ、キャンペーン、国または地域、アプリケーションごとに確認できます。
  • 広告グループレポート:1つのキャンペーングループにおける広告グループレベルのデータを、広告グループ、キャンペーン、国または地域、およびアプリケーションごとに確認できます。
  • 国または地域ごとの支出レポート:支出データを、請求法人、国または地域ごとに確認できます。請求の調整を行う際に便利です。
  • 日次インプレッションシェアレポート:日次のインプレッションシェア、ランク、検索の人気度のパフォーマンスデータを、アプリケーション、国または地域ごとに確認できます。
  • 週次インプレッションシェアレポート:週次(日曜日〜土曜日)のインプレッションシェア、ランク、検索の人気度のパフォーマンスデータを、アプリケーション、国または地域ごとに確認できます。

事前定義レポートのディメンション、パフォーマンス指標、日付の範囲を自由に編集することで、レポートを簡単にカスタマイズすることができます。追加の場合はディメンションまたはパフォーマンス指標をドラッグ、削除の場合はディメンションまたはパフォーマンス指標の隣にある「X」をクリックするだけです。レポート名の下にある「日付の範囲」メニューを使えば、レポート期間を調整できます。

日次および週次のインプレッションシェアレポートでは、レポート生成パフォーマンスの向上のため、ディメンションは編集できず、タイムゾーンはUTCに限定されます。また、この2つのレポートタイプのデータは2020年4月12日以降のものしか取得できず、一度に取得できるデータの範囲は最大12週間までに制限されます。

カスタムレポートを作成する方法

  1. 「カスタムレポート」ページで、「レポートの作成」ボタンをクリックします。
  2. 「カスタムレポート」を選択するか、「レポートの種類」メニューから事前定義レポートを選択します。メニューから日付の範囲とタイムゾーンを選択します。
  3. レポートに名前を付けます。
  4. 測定するディメンションとパフォーマンス指標を、レポートビルダーツールの適切な場所にドラッグします。たとえば、すべての有効なキャンペーンで、インプレッション数と支出のデータを広告グループ、または国または地域ごとに表示するには、広告グループ名と国または地域のディメンションと、インプレッション数および支出のパフォーマンス指標をドラッグします。
カスタムレポートの作成に使用するレポートビルダーツール
  1. 「スケジュール」メニューからレポートを実行する頻度を選択します。
  2. 「レポートの実行」ボタンをクリックします。
  3. レポートが完成すると、カスタムレポートのリストに表示され、CSVファイルとしてダウンロードできるようになります。

レポートのディメンションやパフォーマンス指標を選択する

ディメンションは、カスタムレポートの行として表示されます。次の要素を選択して含めることができます。

ディメンション
時間 月、週、日
アプリケーション アプリケーション名、アプリケーションID
キャンペーン キャンペーン名、キャンペーンID、国または地域、キャンペーンステータス、広告のプレースメント
広告グループ 広告グループ名、広告グループID、広告グループステータス、検索マッチ、入札タイプ(タップ単価(CPT)やインプレッション単価(CPM))、デフォルトの最大入札額
キーワード キーワード、キーワードID、キーワードマッチタイプ、キーワードステータス、キーワードの最大タップ単価(CPT)入札額
検索語句 検索語句、検索語句一致ソース
Creative Sets Creative Sets名、Creative Sets ID、Creative Setsステータス
請求先 予算オーダー番号、請求法人

次のディメンションを1つのレポートで組み合わせることはできません。

  • 複数の時間ディメンション。
  • キーワードと検索語句のディメンションを含むCreative Sets。

パフォーマンス指標は、カスタムレポートの列として表示されます。次の要素を選択して含めることができます。

パフォーマンス指標
パフォーマンス 支出、タップ数、インプレッション数、インストール数、TTR、CR、平均顧客獲得単価(CPA)、平均タップ単価(CPT)、平均インプレッション単価(CPM)
Advanced 新規ダウンロード数、再ダウンロード数、LATオンのインストール数、LATオフのインストール数、インプレッションシェア、ランク、検索の人気度

以下の点にご注意ください。

  • LATオンのインストール数とLATオフのインストール数の合計には、iOS 14以降を搭載したデバイスからのダウンロード数は含まれません。
  • インプレッションシェア、ランク、検索の人気度の各パフォーマンス指標は、事前定義インプレッションシェアレポートの一部としてのみ追加できます。これらのパフォーマンス指標は、現在の市場ダイナミクスに基づいており、市場ダイナミクスは変化する可能性があります。
  • すべてのカスタムレポートで、日付範囲は18か月までに制限されます。
  • 事前定義インプレッションシェアレポートでは、直近12週間のデータのみ表示できます。
特定のディメンションおよびパフォーマンス指標の定義方法

レポートデータをフィルタする

フィルタオプションを使用すれば、キャンペーンの名前、各種ステータス(キャンペーン、広告グループ、キーワード、Creative Sets)、国や地域ごとにデータをフィルタして、レポートのデータをさらに絞り込むことができます。レポートのディメンションやパフォーマンス指標に関連しないフィルタを設定しても、データは変化しません。たとえば、レポートがCreative Setsのディメンションのみを表示するよう設定されている場合に、キーワードのステータスでフィルタしても、データはフィルタを適用していない場合と同じように表示されます。

レポートのスケジュールを設定する

レポートビルダーツールの下のメニューから、レポートの作成頻度とレポートの開始日および終了日を指定します。次の頻度でレポートを作成できます。

  • 1回のみ
  • 毎日
  • 毎週 - 任意の曜日
  • 毎月 - その月の1日、15日、または末日

国または地域ごとの支出レポートをスケジュール設定している場合、毎月15日のオプションを使用することで、月末前に最終支出データを取得する日程的な余裕が得られます。

各レポートを特定の期間ダウンロードしないと(日次レポートの場合は直近30日間、週次レポートの場合は直近8週間、月次レポートの場合は直近4か月間)、スケジュール設定されているその後のレポート作成が停止され、レポートステータスが無効と表示されます。しかし特定の期間のデータを確認するため、レポートの再作成はいつでも行うことができます。

「カスタムレポート」ページでレポートを表示して管理する

「カスタムレポート」ページでは、以前に作成したレポートやスケジュール設定したレポートをすべて確認することができます。各レポートの名前、ステータス、日付範囲、頻度、最終作成日、作成者を確認できます。

レポートのステータスについて

各レポートの名前の横にあるステータス列で、次のステータスを確認できます。

  • 有効 — 繰り返し設定されているレポートが有効に実行されている。
  • 無効 — 所定の期間にダウンロードされなかったため、繰り返し設定されているレポートが無効になっている。
  • 失敗 — 1つまたは複数の問題のため、レポートの作成が失敗した。失敗ステータスのレポートは、最終作成日列でも取り消し線付きで表示されます。
  • 完了 — レポートが作成され、設定された開始日と終了日を過ぎ、繰り返し設定されていない。

レポートをダウンロードする

「カスタムレポート」ページの「アクション」列で、ダウンロードするレポートの横にある「ダウンロード」アイコンをクリックします。CSVファイルが作成されます。

レポートを削除する

「カスタムレポート」ページの「アクション」列で、削除するレポートの横にある「削除」アイコンをクリックします。削除すると、カスタムレポートからレポートが完全に削除されます。