Search tabキャンペーンについて

検索される前に顧客にリーチする

App Storeの検索タブで、おすすめアプリリストの最上位という目立つ場所に広告を表示することで、認知度が高まり、アプリのダウンロード数が増加する効果が期待できます。次に試すアプリを探し、ダウンロードするために、数百万のユーザーがApp Storeの検索タブに日々アクセスしています。Search tab広告を利用することで、検索される前にそうしたお客様に関心を持ってもらうことができます。App Storeの検索結果に表示される広告と同様、Apple Search Adsがサービスを提供するすべての国または地域でSearch tabに広告を表示できます。広告は、自動的に作成され、ユーザーのエクスペリエンスにシームレスに統合されます。

Search tabキャンペーンは、Apple Search Ads Advancedのサービスとしてのみご利用いただけます。Search tabに表示される広告は、広告主様がApp Store製品ページにすでにアップロードしているアセットを使用して作成され、アプリ名、アイコン、サブタイトルが表示されます。そのため、Search tabキャンペーンはキーワードを必要とせず、広告バリエーションはご利用いただけません。

Search tab広告は現在、中国本土のApp Storeでは利用できません。

Search tab広告の例

Search Tabの予算と価格設定の仕組み

Search tabキャンペーンでは、Search resultsキャンペーンと同様に、柔軟に1日の予算と価格を設定できます。最小発注価格はなく、ご予算に応じて無理なく始めることができ、いつでもキャンペーンを開始、停止、または調整することができます。

広告の価格設定はタップ単価(CPT)モデルに基づき、支払う最大金額をご自身で指定することができます。実際の支出額はセカンドプライスオークションで決まります。そのため競争入札による過剰な支出を心配する必要はありません。CPTキャンペーンの配信は7月初旬に始まりますのでご留意ください。 インプレッション単価(CPM)モデルに基づいて作成した以前のキャンペーンは、CPT価格モデルへの移行日まで引き続き実行され、移行日に保留になります。

CPM入札額を使用しているキャンペーンでは、1秒間で広告の50%が表示されるたびにインプレッションとしてカウントされます。CPM入札額を使用した広告の履歴レポートデータは、CPT価格モデルへの移行日以降も引き続き確認できます。