Varo Bankアプリのアイコン

Varo Bank

顧客は銀行取引を改善。
Varoはコンバージョンを促進。

App StoreでのVaro Bankの広告
Varoは、月額料金なしで、顧客がいつどこからでもお金を管理できるようにするデジタルバンキングサービスを提供しています。
このバンキングアプリは、Apple Search Adsによって登録のコンバージョン率を高めつつ、コスト削減と顧客インサイトの獲得を実現しています。

成果

25% 登録のコンバージョン率が25%増加しました。
14% 顧客獲得単価が14%削減されました。
40% オーディエンスの絞り込みを排除することで、リーチが40%増加しました。

課題

全米のユーザー数の増加を強く推進するVaroのチームに必要なのは、デジタルによる資金管理に興味を持ち、テクノロジーに詳しい顧客がこのアプリを見つけやすくすることでした。また、従来の銀行に代わるものを探すために行われる、App Storeでの意図の高い検索を活用したいとも考えていました。

Apple Search Adsのおかげで、他のチャンネルではリーチできなかった、エンゲージメントが高くテクノロジーに詳しい顧客を獲得することができました。

解決策

アカウントを構成して成果を上げる。

Apple Search Adsを使って獲得効率を高めるために、Varoチームは、調査、ブランド、コンペティター、カテゴリのキーワードキャンペーンからなるアカウント構造を設定しました。検索マッチと部分一致は、新しい関連キーワードの発見に役立ちました。調査キャンペーンで特定された高パフォーマンスのキーワードは、完全一致として他のキャンペーンで活用されました。コンペティターやカテゴリキャンペーンは、銀行アプリに興味を持つ幅広いオーディエンスへの認知度向上に役立ちました。

 

Varoのチームは、キャンペーンとキーワードの両方のレベルでパフォーマンスを綿密に追跡しました。非効率な検索語句を削除し、より多くのインプレッションを呼び込み、少ない文字数で構成されるキーワードへの依存を減らすために入札を調整しました。キーワード入札が変動し始めると、チームは競争力を維持するために入札を最適化しました。

広告の関連性を最適化してパフォーマンスを向上させる。

広告の関連性を最大限に高めるために、Varo BankのチームはCreative Setsを活用し、パフォーマンスの高いキーワードをApp Storeの製品ページのさまざまなアプリのプレビューやビデオに盛り込みました。チームは、当座貸越手数料無料や、顧客が直接入金を設定した際は2日早く入金されるなど、人気アプリの利点を強調するさまざまな広告をテストしました。


「Apple Search Adsは、さまざまな顧客の共感を得るための情報を提供してくれました」とVaroのユーザー獲得部門ディレクター、Tamar Kassoff氏は述べています。「適切なメッセージとクリエイティブを使ってさまざまなセグメントをターゲットにすることで、コンバージョン率を向上させると同時に、あらゆる広告プラットフォームの中で最も低い顧客獲得単価を達成できました。」

すべてのユーザーを含めることで効率を向上させる。

Varoのチームは、Apple Search Adsを使って、幅広い潜在顧客層にリーチしたいと考えていました。キャンペーンからオーディエンスの絞り込みをすべて排除し、幅広い潜在顧客による関連検索に広告が表示されるようにしました。この戦略により、Apple Search Adsのリーチは40%増加しました。

企業プロフィール

  • Varo Bank
  • カテゴリ:ファイナンス
  • リリース:2016年
  • 本社:サンフランシスコ(米国カリフォルニア州)
dodaアプリのアイコン

次へ

若年層の転職顕在層にアピールして利用者を増加。

成功事例を読む