広告プレースメントのバリエーション

広告がApp Storeのどこに表示されるかを理解する

Apple Search Ads Advancedには、App Storeでアプリの露出度を高めてダウンロードを促す4つの広告プレースメントが用意されています。

  • 「Today」タブ

  • 「検索」タブ

  • 検索結果

  • プロダクトページ - 閲覧中

これらのプレースメントを活用することで、App Storeのユーザージャーニー全体でアプリのプロモーションを行うことができます。各プレースメントオプションの詳細は以下のとおりです。

  • 「Today」タブ広告を使えば、App Storeのトップページにインパクトのあるクリエイティブを表示して、App Storeにアクセスしたユーザーにリーチできます。このプレースメントの広告クリエイティブは、App Store Connectで設定したカスタムプロダクトページに基づいて作成されます。また広告を配信するには承認を受ける必要があります。

  • Search tab広告を使えば、ユーザーが具体的な検索を行う前にリーチでき、「検索」タブのおすすめアプリリストの最上位で目立つように広告が表示されます。

  • Search results広告を使えば、ユーザーが具体的な検索を行うときにリーチでき、関連する検索結果の最上位に広告が表示されます。広告を潜在顧客の検索語句にマッチさせるため、キーワードは自分で選ぶことも、Appleが提案するものを使うこともできます。マッチングは、カスタマーインテントの直接的なシグナルである検索クエリに基づいて行われます。

  • 「プロダクトページ - 閲覧中」広告を使えば、App Storeからでも外部のリンクからでも、App Store全体の関連するページでアプリを閲覧しているユーザーにリーチすることができます。ユーザーが関連するプロダクトページの一番下までスクロールすると、「あなたにおすすめ」リストの最上位に広告が表示されます。

各広告プレースメントの類似点と相違点について、さらに詳しく説明します。

広告プレースメントの機能
61の国と地域で利用可能(中国本土を含む) 検索結果プレースメントのみ
60の国と地域でのみ利用可能(中国本土を除く) 「Today」タブ、「検索」タブ、プロダクトページの各プレースメント
タップ単価(CPT)価格モデル すべてのプレースメント
1日の予算 すべてのプレースメント
オプションでオーディエンス設定が可能 すべてのプレースメント
キーワード 検索結果プレースメントのみ
入札額のインサイト 検索結果プレースメントのみ
カスタムプロダクトページと連携 検索結果と「Today」タブのプレースメント
カスタムプロダクトページに基づく広告バリエーション 検索結果プレースメントのみ
推奨事項 検索結果プレースメントのみ
カスタムレポート すべてのプレースメント
Campaign Management APIをサポート すべてのプレースメント
Apple Ads Attribution APIをサポート すべてのプレースメント
予算オーダー すべてのプレースメント

広告の作成方法

広告は、App Store Connectにアップロード済みのメタデータとアセットを使用して作成されます。

「検索」タブとプロダクトページの広告には、アプリの名前、アイコン、サブタイトルが表示されます。「Today」タブ広告は、App Store Connectでセットアップしたカスタムプロダクトページを使用して作成されます。検索結果広告では、アプリのプロダクトページに基づくデフォルト広告を作成することも、App Store Connectでセットアップしたカスタムプロダクトページから広告バリエーションを作成することもできます。

すべての広告に、広告表記アイコンが表示されます。