TextMeアプリのアイコン

TextMe

ユーザーは大切な人とつながる。
TextMeは休眠ユーザーを呼び戻す。

App StoreでのTextMeの広告
TextMeのモバイルユーザーなら、国内通話およびテキストメッセージが無料。国際通話も低価格で利用できます。API統合への投資、再ダウンロードの獲得、需要の急増への対応を進めた結果、このメッセージングアプリの広告費用対効果はApple Search Adsにより200%アップしました。

成果

5倍 再ダウンロードによるコンバージョン数が5倍に。
56% リターンユーザーの生涯価値は新規ユーザーより56%高い。
200% 再ダウンロードキャンペーンの広告費用対効果が200%アップ。

課題

米国やカナダなどの主要な市場で顧客を獲得するために、TextMeのチームは多様なニーズをもつ幅広いオーディエンスにリーチする必要がありました。ターゲットとなるモバイルユーザーのうち、TextMeの基本機能(無料で取得できる電話番号、ボイスメール、転送機能)で十分というユーザーもいれば、もっと複雑な通信ソリューション(使い捨ての携帯電話番号、複数の電話番号管理、非接触型eSIMデータプラン)に関心を示すユーザーもいるでしょう。分析結果を基に、TextMeのチームは広告費用対効果を最大限に高めることにマーケティング戦略を集中させ、収益の増加と効率性の向上を図りました。

Apple Search Adsのおかげで、米国での優位な地位を維持しながら、多様なオーディエンスの目的や価値を深く理解することができました。

解決策

API統合でパフォーマンスを向上。

時間を短縮し、効率的に最適化を図るため、TextMeのデータドリブンチームは、Apple Search Adsのキャンペーン管理APIに先行投資を実施。日々のパフォーマンスレポートを作成し、入札管理を完全に自動化しました。さらに、Apple Search Adsから得られるキーワードとコンバージョンに関するインサイトを活用して、オーガニックパフォーマンスを評価し、TextMeのApp Store製品ページを最適化しました。
 
「Apple Search Adsのおかげで、洗練されたキーワードターゲティング戦略を構築し、私たちのサービスに強く興味を抱くユーザーを獲得できました」とTextMeのデータサイエンス兼マーケティング部門マネージャーのEymard Houdeville氏は述べています。「また、Apple Search Adsのキャンペーン管理APIにより、会社としての優先順位の変化に合わせ、チームは素早く軌道を修正し、入札額を簡単に調整することができました。」

再ダウンロードで効率化を図る。

ユーザーのモバイルニーズは時間の経過とともに変化することを認識していたTextMeのチームは、かつてのユーザーにアプリを再び利用していほしいと考えました。そこで、Apple Search Adsで行った再ダウンロードキャンペーンの影響を正確に評価するため、機械学習と統計に基づいたポストインストールデータモデルを開発。チームは再ダウンロードにつながる潜在的価値が最も高いキーワードを特定し、再エンゲージメントキャンペーンに合わせてこれらの検索語句への入札額を増やすことができました。
 
「米国での広告費用対効果が200%アップし、再ダウンロードによるコンバージョンが5倍になりました」とHoudeville氏は言います。「Apple Search Adsのおかげで、私たちは米国での優位な地位を維持しながら、多様なオーディエンスの目的や価値を深く理解することができました。」

入札額を最適化し、需要の増加に対応。

App Storeでは、通信分野に関する検索は特定の曜日に集中する傾向があり、TextMeのチームはそれに応じて入札額の戦略を最適化しました。需要の増加を取り込むために、この曜日に応じた季節性に合わせて一貫して入札額を調整しました。チームはまた、通信分野の検索が予想外に増えた際にインプレッションを最大化できるよう予算を柔軟に組みました。
 
「2020年はリモート勤務の人や、大切な人と会えない状況の人が増えているため、私たちのアプリに対する関心は急激に高まっています。新たな見込み客に見つけてもらいやすくするため、Apple Search Adsの予算を増やしました。その甲斐あってヘビーユーザーを引きつけることができました。彼らのインストール当日の通話数は平均で20%も多くなっています」とHoudeville氏は述べています。

企業プロフィール

  • TextMe
  • カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
  • リリース:2011年
  • 拠点:カリフォルニア州サンフランシスコ
Happy Colorアプリのアイコン

次へ

顧客はクリエイティブに。Happy Colorは獲得強化へ。

成功事例を読む