エラー:検索語句を入力してください。
Advanced | キャンペーン管理

Campaign Management APIを使用する

Apple Search AdsのCampaign Management APIは、プログラムによるキャンペーンの管理やレポートの取得を希望するデベロッパ、広告代理店、サードパーティ製プラットフォーム向けに提供されています。

このAPIを使うことで、キャンペーン、広告グループ、キーワードを管理するソフトウェアを開発できます。広告主様やサードパーティは、Apple Search Adsの大量のアカウントやキャンペーンをより効率的に管理できます。次のような使用例が考えられます。

  • カスタムレポート
  • 社内ビジネスインテリジェンスシステムへのデータ組み込み
  • クロスチャネルキャンペーン管理
  • 自動入札管理

APIのドキュメントで詳細を確認する

過去のドキュメントをダウンロードすることもできます。
Apple Search Ads Campaign Management API 3.0

なお、新しいAPI証明書の作成はサポートされなくなりました。既存の証明書については、失効するまで引き続きAPI 3.0でご利用いただけます。

Campaign Management APIを効果的に実装するには、技術要件を把握した上で事前に計画を立て、アプリケーションの開発と維持に必要なリソースを十分に確保しておく必要があります。

Campaign Management APIにアクセスする

Apple Search Adsは、APIリクエストを認証するためにOAuth 2.0を使用します。組織内でCampaign Management APIにアクセスするには、APIユーザーを作成または指定する必要があります。

  1. 広告主様のApple Search Adsアカウントにサインインするよう、アカウント管理者に依頼します。
  2. 「アカウント設定」の「ユーザー管理」タブに移動します。
  3. ユーザーを編集するか、新規ユーザーを招待し、APIアカウントマネージャー、API読み取り専用、アクセス制限のあるAPI読み書き、アクセス制限のあるAPI読み取り専用のいずれかのロールを割り当てます。
  4. APIユーザーの設定が完了したら、当該ユーザーに、Apple Search Adsアカウントにサインインして、「アカウント設定」のAPIタブに移動してもらいます。
  5. APIのページでは、当該ユーザーは、APIのドキュメントに記載の手順に従って、クライアントを作成できます。APIに対する呼び出しの詳細については、ドキュメントをご参照ください。

ユーザーのロールがAPIユーザーから非APIユーザーに変更された場合、そのAPIアクセスは無効化されることにご留意ください。さらに、削除されるユーザーに関連付けられているAPIアクセスも無効化されます。

Campaign Management APIのアクセス権をサードパーティのサービスプロバイダに付与する

キャンペーン管理パートナーまたはモバイル計測プロバイダーと協力する場合、広告主様のApple Search Adsアカウントの管理者は、安全なAppleのサインインの利用を通じて、Apple Search Adsの当該アカウントへのアクセス権をそれらのパートナーまたはプロバイダーに付与することができます。

以下の手順に従ってください。

  1. サービスプロバイダが安全なAppleのサインインを設定している場合、プラットフォームの「認証」セクションに移動し、「Appleでサインイン」ボタンをクリックします。
  2. Apple Search Adsアカウントの管理者として、Apple Search Adsにサインインします。
  3. サービスプロバイダがアクセスできるようにするApple Search Adsアカウントを選択します。
  4. 付与したいアクセス権の種類を選択します。

Campaign Management APIのサービスプロバイダのアクセス権を確認または無効化する

サードパーティのAPIのアクセス権を確認するには、「アカウント設定」の「API」タブに移動します。サードパーティの承認は、承認されたサービスプロバイダのリストから選択し、「アクション」メニューから「アクセスの無効化」を選択することによって、いつでも無効化できます。