エラー:検索語句を入力してください。
Advanced | キャンペーン管理

キーワードを追加および管理する

キーワードを選択する方法

Apple Search Adsは、広告主様のアプリケーションと該当するジャンルに関する情報を数多く収集し、推奨キーワードのリストを提供します。推奨キーワードを利用することで時間を節約できます。独自のキーワードを追加することも可能ですが、その場合も入力されたキーワードに関連する一連のキーワードがApple Search Adsによって提案されます。これらの推奨キーワードは、横に表示されているプラス記号をクリックするだけで広告グループに追加できます。「キーワード」タブのアクションメニューで「キーワードをアップロード」を選択し、キーワードを一括アップロードすることもできます。

ASCII以外の文字を含む言語の場合は、文字破損を防ぐためにCSVファイルをUTF-8エンコーディングで保存する必要がある点にご注意ください。

キーワードのテンプレート(CSV)をダウンロード
除外キーワードのテンプレート(CSV)をダウンロード

各広告グループには最大5,000件のキーワードを設定できます。スプレッドシートを使用することで最大5,000行を一括アップロードできます。除外キーワードは広告グループごとに最大5,000件設定できますが、スプレッドシートで一括アップロードできるのは最大5,000行となります。

スプレッドシートをダウンロードして開いたら、各行に次の情報を入力します。

Action(アクション):新しいキーワードを追加する場合は、ここに「CREATE」と入力します。既存のキーワードを更新する場合は「UPDATE」と入力します。

Keyword ID(キーワードID):新しいキーワードを追加する場合は空白のままにします。キーワードを更新する場合はキーワードIDを入力します。キーワードIDは、「広告グループのキーワード」ダッシュボードの「キーワードID」列で確認できます。この列が表示されていない場合は、「列を編集」リンクを使用して「表示する列」に移動します。

Keyword(キーワード):追加または編集するキーワードを入力します。

Match Type(マッチタイプ):部分一致の場合は「BROAD」、完全一致の場合は「EXACT」と入力します。

Status(ステータス):キーワードを有効化する場合は「ACTIVE」、一時停止する場合は「PAUSED」と入力します。

Bid(入札額):最大タップ単価(最大CPT)入札額を入力します。

Campaign ID(キャンペーンID):キャンペーンIDは、「キャンペーン」ダッシュボードの右上、「キャンペーン設定を編集」リンクの上部で確認できます。

Ad Group ID(広告グループID):広告グループIDは、「広告グループ」ダッシュボードの右上、「広告グループ設定を編集」リンクの上部で確認できます。

独自のキーワードを選択する場合のヒントを紹介します。

  1. 顧客の立場で考える。
    同種のアプリケーションを検索するユーザーが使いそうな検索語句を考えます。そのアプリケーションが満たすニーズや提供するサービスを説明する言葉を探してください。
    たとえば、他のアプリケーションが提供していない独自のフィルタを搭載した新しいカメラアプリケーションを宣伝するとします。最初に考案するキーワードはアプリケーションの名前のような基本情報になりますが、次の段階ではアプリケーションが提供する機能を検討します。たとえば「色 編集機能」、「ピクチャー 編集機能」、「写真 編集機能」などの用語がダウンロード数の増加につながります。

  2. 一般的なキーワードと具体的なキーワードの両方を試す。
    アプリケーションの機能を表す一般的なキーワードも試してください。そうしないと、一般的なキーワードが検索されても広告がオークションに参加できるチャンスが少なくなります。一般的なキーワードはより多くのオーディエンスにアピールできる一方で、競争相手が増え、入札額の引き上げが必要になることで、予算の消費ペースが速くなる可能性があります。
    具体的なキーワードを選択すると、アプリケーションとピンポイントで関連する検索クエリに対して広告を表示できるようになります。具体的な検索語句には、広告タップからのコンバージョン率を高める効果が期待されますが、キーワードの具体性が高すぎると、広告を表示する顧客数が目標に到達しない可能性があります。

  3. 調査、汎用、競合他社、ブランドのキーワードを別々の広告グループに入れることを検討します。

    • 調査キーワードを使用すると、幅広いオーディエンスに届き、よく使用される検索語句を探し当てることができます。検索マッチを使用するようにしてください。
    • 汎用キーワードを使用すると、広告主様のアプリケーションまたはそのジャンルに関心がある顧客で構成される幅広いオーディエンスに届きます。
    • 競合他社キーワードを使用すると、アプリケーションの種類で絞り込んだクエリに合わせて広告を表示できます。
    • ブランドキーワードを使用すると、広告主様のアプリケーションとブランドに直接関連する検索に対して広告を表示できます。これらのキーワードには完全一致タイプを使用します。

キャンペーンに新しいキーワードを追加すると、部分一致タイプとデフォルトの最大CPT入札額がデフォルトに設定されることに注意してください。また、それらのキーワードは、広告主様のキャンペーンに関連付けられる同じ国や地域すべてに対して適用されます。

マッチタイプについて

マッチタイプというキーワード設定を使うと、ユーザーの検索と広告を一致させる方法を指定することができます。マッチタイプには、部分一致と完全一致があります。両方のマッチタイプを使ったキャンペーンを実施し、一致範囲を広げ、パフォーマンスを高めることをお勧めします。

部分一致

Apple Search Ads Advancedのデフォルトのマッチタイプです。部分一致では、広告出稿の対象に、単数形、複数形、スペルミス、同義語、対象の語句を(一部または全部)含む関連検索や関連フレーズなど、キーワードの類似パターンが含められます。

キーワードリストを作成する時間を節約する場合も部分一致を使用してください。Apple Search Ads Advancedがキーワードリストを作成してくれるため、キーワードの可能な組み合わせをすべて考案する必要がありません。

部分一致には、完全一致のキーワードリストで一致しないものの関連性の高い検索の機会を逃さずにすむ、というメリットもあります。

予想しなかった検索クエリが部分一致によって明らかになった場合、それを個別の入札キーワードとして利用することができます。キャンペーンの「検索語句」タブでそれらを確認できます。

完全一致

広告の表示対象となる検索を最大限に細かくコントロールする場合は、完全一致を使用します。完全一致では、特定の語句およびその類似パターン(一般的なスペルミスや複数形など)を選択できます。完全一致の場合、広告のインプレッション数は少なくなる可能性がありますが、アプリケーションの機能に最大の関心を持つ顧客に広告を表示できるため、それらのインプレッションにおけるタップ率(TTR)とコンバージョンは向上すると考えられます。

キーワードを完全一致に指定する場合、その検索語句を角かっこで囲みます(例:[keyword])。

キーワードで使用されるマッチタイプの例

「写真 編集 無料」という検索語句で使用されているマッチタイプの例を紹介します。

完全一致と部分一致が該当:

  • 語順通り:写真 編集 無料
  • 類似パターン:写真 編集機能 無料、写真 編集 無料

言語によっては類似パターンが機能しない場合があることにご注意ください。

部分一致のみが該当:

  • 語順不問:編集 写真 無料
  • キーワードの一部:写真 編集、編集 無料
  • 他の語の混在:写真 編集 大学 無料、無料 トリミング 写真 編集
  • 同義語:ピクチャー 編集、ピクチャー 編集 テキスト

キーワードのマッチタイプを変更する方法

Apple Search Adsアカウントで、新しいキーワードはデフォルトで部分一致になります。キーワードを広告グループに追加するときに、これを完全一致に変更できます。追加した後は、マッチタイプを変更することはできません。マッチタイプを変更するには、キーワードを一時停止し、希望するマッチタイプを選択してから、広告グループにもう一度追加する必要があります。

キーワードを追加する場合

パフォーマンスが高い特定のキーワードがある場合、キーワード提案ツールを使って同種のキーワード候補を見つけ、推奨キーワードをハイライトしてクリックします。また、ここで独自のキーワードを追加し、各キーワードのマッチタイプを編集することもできます。「保存」をクリックすると、選択した新しいキーワードが広告グループに追加されます。

キーワードを一時停止する場合

各キャンペーンのキーワードはいつでも一時停止することができます。次のような場合にキーワードを一時停止することをお勧めします。

  • キーワードのコンバージョン率が低い。
    特に該当するのが、CPA目標を超過している場合です。
  • 部分一致キーワードのCPAが期待値を超過している。
    部分一致を一時停止し、完全一致キーワードとして追加することをお勧めします。こうすることで、完全に一致する語句のインプレッションを維持しながら、同義語や関連パターンを除外できます。
  • 別の部分一致キーワードを適用する場合や、完全一致に切り替える場合。キャンペーンに設定したマッチタイプを後で変更することはできません。ただし、一時停止して別のマッチタイプで始めることはできます。

除外キーワードを使用する方法

除外キーワードを使うと、特定の語句に対して広告が表示されないようにすることができます。これにより、コストを抑制しながらキャンペーンの効率を高めることができます。デフォルトの設定は部分一致ですが、完全一致に変更することをお勧めします。

除外キーワードは、キャンペーンと広告グループの作成時に追加するか、「キーワード」タブでスプレッドシートを使ってアップロードできます。キャンペーンを開始した後に、除外キーワードリストの項目の追加や削除が必要なことが判明した場合は、「キーワード」タブでいつでも簡単に変更できます。

除外キーワードは、入札キーワードと高い関連性があると同時に、アプリケーションが提供していない機能を検索者が求めていることを示す語句にする必要があります。

たとえば、除外キーワードは次のような場合に有効です。

  • 関係のない検索クエリに対する広告表示を回避する場合。たとえば女性向けフィットネスアプリケーションの場合、「男性 フィットネス」を除外キーワードとして追加すると、「男性 フィットネス」に関連するすべての検索で、広告が表示されなくなります。
  • キャンペーンや広告グループのパフォーマンスデータから、アプリケーションのコンバージョンにつながらない特定のキーワードが判明した場合。これを除外キーワードに追加することで、今後この語句を使った検索に対して広告が表示されなくなります。

除外キーワードでマッチタイプを使用する方法

完全一致(除外キーワード)

このマッチタイプの場合、完全に一致する単語やフレーズが検索された場合に、広告が表示されなくなります。類似パターン(一般的なスペルミスや複数形など)の場合、広告はブロックされません。完全一致は、関連性が高い検索に対して意図せず広告が表示されなくなるのを避けるために使用することをお勧めします。

たとえば以下の例をご覧ください。

上級者向けのパズルアプリケーションを公開していて、「パズル」というキーワードを使っているとします。この場合、「子供 パズル」という完全一致の除外キーワードを追加すると、これと完全に一致する語句が検索された場合に広告が表示されなくなり、アプリケーションの対象として想定していないオーディエンスに対する支出を防ぐことができます。完全一致の除外キーワードの場合、正確に「子供 パズル」だけが対象となるため、「子供 パズル アプリ」が検索された場合は広告が表示される点にご注意ください。

部分一致(除外キーワード)

選択した複数の単語やフレーズが検索された場合に広告が表示されないようにするには、部分一致を使用します。部分一致の除外キーワードに含まれるすべての単語が検索で使用されないと、広告はブロックされません。同義語や類似パターンが使用された場合、広告は引き続き表示されます。

たとえば以下の例をご覧ください。

上級者向けのパズルアプリケーションを公開していて、部分一致の除外キーワードに「子供 パズル ゲーム」というキーワードを使っているとします。この場合、「子供 パズル ゲーム」や「パズル ゲーム 子供」では広告が表示されず、「子供 パズル アプリ」などの検索クエリでは表示が継続されます。「子供 パズル アプリ」もブロックする場合は、部分一致の除外キーワードに「子供 パズル」を追加します。