キーワードのマッチタイプについて理解する

Apple Search Ads Advancedの検索結果キャンペーンにおいてマッチタイプがキーワードに与える影響

Apple Search Ads Advancedのキーワード設定機能であるマッチタイプを検索結果キャンペーンで使うと、ユーザーの検索と広告を一致させる方法を指定できます。マッチタイプには、部分一致と完全一致の2つがあります。一致範囲を広げ、成果を高められるよう、両方のマッチタイプを使ったキャンペーンを実施することをお勧めします。

部分一致

Apple Search Ads Advancedのデフォルトのマッチタイプです。部分一致では、広告出稿の対象に、単数形、複数形、スペルミス、同義語、対象の語句を(一部または全部)含む関連検索や関連フレーズなど、キーワードの類似パターンが含められます。

キーワードリストを作成する時間を節約する場合も部分一致を使用してください。Apple Search Ads Advancedがキーワードリストを作成してくれるため、キーワードの可能な組み合わせをすべて考案する必要がありません。

部分一致には、完全一致のキーワードリストで一致しないものの関連性の高い検索の機会を逃さずにすむ、というメリットもあります。予想しなかった検索クエリが部分一致によって明らかになった場合、それを個別の入札キーワードとして利用することができます。キャンペーンの「検索語句」タブでそれらを確認できます。

場合によっては、アプリケーションと関連性がある外国語の単語が検索に一致する場合があるためご注意ください。例えば、「amigo(友人)」という単語は、検索語句「friend(友人)」と部分一致することがあります。

完全一致

広告の表示対象となる検索を最大限に細かくコントロールする場合は、完全一致を使用します。完全一致では、特定の語句およびその類似パターン(一般的なスペルミスや複数形など)を選択できます。完全一致の場合、広告のインプレッション数は少なくなる可能性がありますが、アプリケーションの機能に最大の関心を持つ顧客に広告を表示できるため、それらのインプレッションにおけるタップ率(TTR)とコンバージョンは向上すると考えられます。

キーワードを完全一致に指定する場合、その検索語句を角括弧で囲みます(例:[キーワード])。

キーワードで使用するマッチタイプの例

検索語句「写真 編集 無料」で使用するマッチタイプの例を示します。

完全一致と部分一致が該当:

  • 語順通り:「写真 編集 無料」
  • 類似パターン:「写真 エディタ 無料、写真 編集 無料」

言語によっては類似パターンが機能しない場合があることにご注意ください。

部分一致のみが該当:

  • 語順が異なる:「編集 写真 無料」
  • 語句の一部:「写真 編集、編集 無料」
  • 他の語句の混在:「写真 編集 コラージュ 無料」、「無料 トリミング 写真 編集」
  • 同義語/関連語句:「ピクチャ 編集」、「ピクチャ 編集 テキスト」

ヒント:両方のマッチタイプを使用してみましょう。

部分一致と完全一致の両方を使ったキャンペーンを実施し、一致範囲を広げ、成果を高めることをお勧めします。部分一致を使用することで、関連する検索語句の対象が拡大し、キーワードが一致する範囲を広げることができます。部分一致による語句設定は通常、キーワードの調査や、より少ないキーワードで一致範囲を広げるために使用されます。完全一致を使用すると、完全に一致する検索語句が広告の表示対象となります。この場合、一致範囲は狭くなりますが、より明確な意図を持った顧客が対象になるため、適正な価格のキーワードでインプレッションを最大化できます。

キーワードのマッチタイプを変更する方法

Apple Search Adsアカウントでは、新しいキーワードはデフォルトで部分一致に設定されます。キーワードを広告グループに追加するときに、これを完全一致に変更できます。追加した後は、マッチタイプを変更することはできません。マッチタイプを変更するには、キーワードを一時停止し、希望するマッチタイプを選択してから、広告グループにもう一度追加する必要があります。

除外キーワードでマッチタイプを使用する方法

完全一致(除外キーワード)

このマッチタイプを使用すると、特定の語句やフレーズが検索された場合に広告が表示されなくなります。類似パターン(一般的なスペルミスや複数形など)の場合、広告はブロックされません。関連性が高い検索に対して意図せず広告が表示されなくなるのを避けるために、完全一致を使用することをお勧めします。

たとえば、次のようになります。

上級者向けのパズルアプリケーションを公開していて、「パズル」というキーワードを使っているとします。この場合、「子供 パズル」という完全一致の除外キーワードを追加すると、これと完全に一致する語句が検索された場合に広告が表示されなくなり、アプリケーションの対象として想定していないオーディエンスに対する支出を防ぐことができます。完全一致の除外キーワードの場合、正確に「子供 パズル」だけが対象となるため、「子供 パズル アプリ」が検索された場合は広告が表示される点にご注意ください。

部分一致(除外キーワード)

選択した複数の単語やフレーズが検索された場合に広告が表示されないようにするには、部分一致を使用します。部分一致の除外キーワードに含まれるすべての単語が検索で使用されないと、広告はブロックされません。同義語や類似パターンが使用された場合、広告は引き続き表示されます。

たとえば、次のようになります。

上級者向けのパズルアプリケーションを公開していて、部分一致の除外キーワードに「子供 パズル ゲーム」というキーワードを使っているとします。この場合、「子供 パズル ゲーム」や「パズル ゲーム 子供」では広告が表示されず、「子供 パズル アプリ」などの検索クエリでは表示が継続されます。「子供 パズル アプリ」もブロックする場合は、部分一致の除外キーワードに「子供 パズル」を追加します。