ダッシュボードおよび設定について理解する

「アカウント設定」ページ

Apple Search Ads Advancedアカウントの「アカウント設定」ページにアクセスするには、サインインして、ページの右上に表示される自分の名前をクリックします。表示されるメニューから「設定」リンクをクリックします。

「アカウント設定」ページでは、次の操作を実行できます。

  • 新しいApple Search Ads Advancedアカウントを作成する。

  • 既存のApple Search Ads Advancedアカウントのリストを表示する。

  • アカウント情報、他のユーザー、お支払い情報(アカウント管理者の場合)などのアカウント設定を編集する。

  • 「ドキュメント」ページにアクセスする(キャンペーンに中国本土を追加している場合)。「ドキュメント」ページでは、中国本土で広告を掲載するため、アプリケーションやビジネスを審査に送信することや、リクエストのステータスを確認することができます。

  • アカウントのアクティビティの変更履歴を確認する。

アカウントの環境設定についてさらに詳しく

「キャンペーン」ダッシュボード

「キャンペーン」ダッシュボードは、Apple Search Adsアカウントにサインインすると最初に表示されるページです。キャンペーンリストにアクセスする場合は、このページの右上にある「アカウント」メニューでアカウント名を選択します。

「キャンペーン」ダッシュボード

「キャンペーン」ダッシュボードからは次の操作を実行できます。

  • キャンペーンのリストとキャンペーン履歴を表示する。

  • キャンペーンのすべての広告グループ、キーワード、検索語句、除外キーワードを表示する。

  • 国または地域、ステータス、アプリケーション、予算、1日の上限、支出、タップ数、インストール数、インプレッション数、新規ダウンロード数、再ダウンロード数でデータをフィルタする。

  • キャンペーンの予算を編集する。

  • キャンペーンを有効化、一時停止、削除する。

  • 新しいキャンペーンを作成する。

キャンペーンを作成する方法についてさらに詳しく

「広告グループ」ダッシュボード

「広告グループ」ダッシュボードには、キャンペーンに含まれるすべての広告グループのリストが表示されます。「広告グループ」ダッシュボードにアクセスするには、「キャンペーン」ダッシュボードのキャンペーン名をクリックします。

「広告グループ」ダッシュボードからは次の操作を実行できます。

  • キャンペーン設定を管理する。

  • 広告グループのリストを、キーワード、検索語句、除外キーワードとともに表示する。

  • ステータス、デフォルトの最大CPT入札額、最大CPM入札額、CPA目標、支出、タップ数、インストール数、インプレッション数、新規ダウンロード数、再ダウンロード数でデータをフィルタする。

  • キーワードと除外キーワードを編集する。

  • 予算を調整する。

  • 広告グループの変更履歴を表示する。

  • レポートを確認する。

広告グループを作成する方法についてさらに詳しく

「すべてのキーワード」ダッシュボード

キャンペーンの「すべてのキーワード」ダッシュボードにアクセスするには、「キャンペーン」ダッシュボードのキャンペーン名をクリックします。

「すべてのキーワード」ダッシュボードからは次の操作を実行できます。

  • すべての広告グループに含まれるすべてのキーワードとそのパフォーマンス指標を表示する。

  • 画面右側にある「ビュー」オプションを調整し、有効になっているキーワード、削除済みのキーワード、およびすべてのキーワードを表示する。

  • 各タブに検索語句と除外キーワードを表示する。

  • マッチタイプ、最大CPT入札額、入札効力、支出、タップ数、インストール数、インプレッション数、新規ダウンロード数、再ダウンロード数でデータをフィルタする。

「ビュー」には、検索マッチによって広告と一致した検索語句は含まれない点にご注意ください。検索マッチの語句を含む、検索語句のパフォーマンスを総合的に確認するには、「検索語句」タブに移動してください。

キーワードを追加する方法についてさらに詳しく

「検索語句」タブ

「検索語句」タブには、各キャンペーンの「すべてのキーワード」ダッシュボード、および各広告グループの「広告グループのキーワード」ダッシュボードからアクセスできます。このタブでは、特定のキャンペーンまたは広告グループのすべてのキーワードと検索マッチパフォーマンス指標に関する貴重なインサイトを得ることができます。ここでは次の操作を実行できます。

  • インプレッション、タップ、コンバージョンにつながった検索語句など、主要な指標とパフォーマンスを表示する。

  • 検索マッチで広告に自動的にマッチする検索クエリを把握し、そのパフォーマンスを確認する。

  • 一致ソース、デフォルトの最大CPT入札額、支出、タップ数、インストール数、インプレッション数、新規ダウンロード数、再ダウンロード数でデータをフィルタする。

  • 検索マッチおよび部分一致で成果が高い検索語句を特定し、同一キャンペーンまたは別のキャンペーンの1つ以上の広告グループにキーワードとして追加する。

  • 検索マッチまたは部分一致で成果が低い検索語句を確認し、1つ以上の広告グループまたはキャンペーンに対して、広告グループやキャンペーンのレベルで除外キーワードとして追加するかどうかを検討する。

  • 「検索語句」タブ内の語句のリストから検索語句を選択し、「アクション」メニューから目的のアクションを選択して、検索語句をキーワードまたは除外キーワードとして追加する。

「除外キーワード」タブ

「除外キーワード」タブには、各キャンペーンの「すべてのキーワード」ダッシュボード、および各広告グループの「広告グループのキーワード」ダッシュボードからアクセスできます。「除外キーワード」タブからは次の操作を実行できます。

  • キャンペーンまたは特定の広告グループに除外キーワードを追加する。

  • 除外キーワードを削除する。

  • マッチタイプとタイプ(キャンペーンの除外キーワードまたは広告グループの除外キーワード)でデータをフィルタする。

除外キーワードについてさらに詳しく

「広告グループのキーワード」ダッシュボード

「広告グループのキーワード」ダッシュボードにアクセスするには、リストで広告グループの名前をクリックします。ここでは次の操作を実行できます。

  • 広告グループのすべてのキーワードを管理し、キーワードのパフォーマンスレポートを確認する。

  • キーワードの追加、その他のキーワードの検索、および推奨キーワードの確認と追加を行う。

  • マッチタイプ、最大CPT入札額、入札効力、支出、タップ数、インストール数、インプレッション数、新規ダウンロード数、再ダウンロード数でデータをフィルタする。

  • キーワードの最大タップ単価(最大CPT)入札額を編集する。

  • 広告グループ設定を編集する。

ダッシュボードでデータをカスタマイズおよびフィルタする方法

「キャンペーン」ダッシュボードには、キャンペーン、ステータス、ID、アプリケーション名、および選択したパフォーマンス指標が自動的に表示されます。「広告グループ」ダッシュボードと「すべてのキーワード」ダッシュボードには、広告グループ、そのステータス、ID、およびパフォーマンス指標が表示されます。「検索語句」タブと「除外キーワード」タブには、他のパフォーマンス指標が表示されます。

ダッシュボードまたはタブに表示されるパフォーマンス指標をカスタマイズするには、表の右上にある青色の「列を編集」リンクをクリックします。ドラッグ&ドロップすることで、「表示する列」セクションと「表示しない列」セクションの間で項目を移動することができます。

ダッシュボードに表示されたデータをフィルタするには、「フィルタ条件」をクリックし、「一般」、「パフォーマンス」、「Advanced」のオプションから選択します。最大で20フィルタを適用でき、個別のフィルタやフィルタの組み合わせを保存しておけば、今後使用する際に便利です。

パフォーマンスビューの日付の範囲を変更する方法

いずれかのダッシュボードから、ページの右側にあるメニューを確認し、そこで「今日」、「昨日」、「過去7日間」、「今週」、「先週」、「過去30日」、「過去4週間」、「過去12週間」、「今月」、「先月」、「カスタム範囲」から日付の範囲を選択できます。

変更履歴

変更履歴には、アカウントに対する変更の内容、変更したユーザー、変更した時間が記録されます。

「キャンペーン」ダッシュボード上の変更履歴アイコン

以下のページにある変更履歴アイコンをクリックします。

  • 「アカウント設定」:アカウントおよびキャンペーングループに対する変更が、APIアクセス権限への変更とともに表示されます。

  • 「キャンペーン」ダッシュボード:キャンペーン設定、広告グループ、最大CPT入札額、キーワードの変更など、各キャンペーンに対する変更が表示されます。

  • 「広告グループ」ダッシュボード:広告グループの設定、最大CPT入札額、キーワード、除外キーワード、キーワードのステータスに対するすべての変更が表示されます。

行われたアクションは時系列順に表示されます。変更の内容 (アカウント、キャンペーン、広告グループなど)またはアクションの種類(作成、追加、削除など)でフィルタできます。最大CPT入札額の変更については、以前の入札額と新しい入札額の両方が表示されます。

キーワード、除外キーワード、または最大CPT入札額が一括で変更されている場合、画面には最初の50件の変更が表示されます。すべての変更がリストされたスプレッドシートをダウンロードすることもできます。

アクセスできる変更履歴の内容はユーザー権限によって異なりますのでご注意ください。たとえばキャンペーングループマネージャーには、そのアカウントで自分が担当するキャンペーングループに対する変更だけが表示されます。