コンピュータの画面で2人がApple Search Adsのアカウントを見ている様子。


ベストプラクティス

再ダウンロード

オーディエンスに過去のユーザーを含めると、アプリにあらためて関心を持ってもらい、アプリの成長を促進して収益を押し上げることができます。
以下のお勧めを活用して、ユーザー再獲得戦略を構築して過去のユーザーにリーチしていきましょう。

再ダウンロードの価値を理解する。

過去のユーザーを呼び戻すことは、App Storeでの重要な成長の機会になります。人々はさまざまな理由でアプリをダウンロードして削除します。そして多くの人々が、同じアプリを再度ダウンロードしています。実際調査では、iOSユーザーの92%が再ダウンロードの経験があると答えています*。また、以前アプリケーションをダウンロードしたことのあるユーザーの33%が、特定の購入を行うために再ダウンロードを行ったと答えています*。ユーザーがかつて利用していたアプリの機能、サービス、または純粋な楽しみをアピールし、ユーザーに思い出してもらうには、App Storeで表示される広告が非常に重要になります。

92% 再ダウンロードの経験があると回答したiOSユーザーの割合。

このようなApp Storeの重要なオーディエンスへのリーチは、キャンペーンの設定でこういったユーザーを含めることによってのみ、可能となります。

顧客タイプメニューですべてのユーザーが選択されている。

適切なユーザーに確実にリーチする。

オーディエンスの絞り込みですべてのユーザーまたは以前アプリケーションをダウンロードしたことのあるユーザーを設定することで、過去のユーザーにリーチすることができます。すべてのユーザーにリーチすると、新規ダウンロードと再ダウンロードの両方を増やすことができます。

再ダウンロードが最適化されるよう広告グループを構成する。

過去のユーザーを引き込むキャンペーンの設定方法は、いくつか存在します。始める前に、キャンペーン構成のベストプラクティスに習熟しておくとよいでしょう。

全員を対象にする広告グループの構成

最もシンプルなアプローチは、広告グループを「すべてのユーザー」顧客タイプに設定することです。
新規ユーザーと以前アプリケーションをダウンロードしたことのあるユーザーの両方に広告が表示され、リーチが最大化されます。
リーチを最大化するキャンペーンタイプと関連する広告グループを示した図。

ユーザー再獲得に特化した広告グループの構成

ユーザー再獲得の予算を別で管理するため、すべての広告グループの顧客タイプを「以前アプリケーションをダウンロードしたことのあるユーザー」に設定した専用のキャンペーンを作成します。この構成は、過去のユーザー向けにキーワード、入札額、クリエイティブをカスタマイズするために役立ちます。調査広告グループでパフォーマンスが高い語句を把握したら、それらの語句をキーワードとしてほかの広告グループに追加します。
ユーザー再獲得専用キャンペーンと関連する広告グループを示した図。

新しい機能や特典を宣伝する。

アプリにアップデートを加えていたら、App Storeプロダクトページにもそのアップデートを反映させましょう。
過去のユーザーに、前回アプリを使ってから何が更新されたかを示します。App Store Connectでキーワード、アプリのタイトルと説明、アプリのプレビュー、スクリーンショットに調整を加えて、新しい機能や更新内容を強調して示しましょう。

サンプルアプリTripTrekの元の広告と、新しい機能を強調した広告の比較。

TripTrekという旅行日記アプリを所有していて、新しい歩数計機能を強調して示したいと考えているとしましょう。広告で新規ユーザーと過去のユーザーの両方にこの新しい機能を宣伝することができるよう、新しいアセットをApp Store Connectにアップロードすることができます。

過去のユーザーが検索する前に表示する。

検索結果でアプリのプロモーションを行うだけでなく、検索タブに広告を表示させることで、検索前の過去のユーザーを取り込むことができます。Search tab広告グループではSearch results広告グループと同じオーディエンスの絞り込みオプションを使用できるため、すべてのユーザーまたは以前アプリケーションをダウンロードしたことのあるユーザーのみに特化することができます。これが、過去のユーザーがあなたのアプリを探しているわけではない状況で彼らにアプリを思い出してもらう優れた方法の1つです。Search tab広告は、コンテンツや機能のアップデートを行ったり、ビジネスの大きなプロモーションを行ったりする、季節的に重要な時期やイベントで過去のユーザーにリーチする場合に特に効果を発揮します。

再ダウンロードの指標を使ってキーワードを評価する。

Apple Search Adsでは、「すべてのキーワード」ダッシュボードや「広告グループのキーワード」ダッシュボードのインストール数に再ダウンロードの指標が含まれています。お客様がアプリをダウンロードして削除し、App Storeで広告をタップしてから同じアプリをもう一度ダウンロードした場合に再ダウンロードとしてカウントされます。または、別のデバイスで同じアプリをダウンロードした場合にも再ダウンロードとしてカウントされます。再ダウンロードの指標をモニタリングして、どのキーワードが過去のユーザーに対して効果があるかを理解し、情報に基づく最適化を行う上で活かしていきましょう。
サンプルアプリのTripTrekで、「すべてのキーワード」ダッシュボードで再ダウンロードの指標が強調されている。
前ヘ

入札